巨人・吉川が『左手中指末節骨骨折及び左手中指爪根脱臼』 初回に死球を受け途中交代

巨人・吉川が『左手中指末節骨骨折及び左手中指爪根脱臼』 初回に死球を受け途中交代

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/06/10
No image

1回、死球を受けベンチに戻る巨人・吉川(右)。左は原監督=京セラドーム (C) Kyodo News

巨人は10日、オリックス戦の試合中に死球を受けて途中交代した吉川尚輝が、大阪市内の病院で診察を受けた結果、左手中指末節骨骨折及び左手中指爪根脱臼と診断されたことを発表した。

『3番・二塁』で先発出場した吉川は0-0の初回の第1打席、オリックス・山崎福也から死球を受け、そのまま途中交代。吉川はここまで53試合に出場して、打率.312、3本塁打、10打点の成績を残していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加