キーワードと完全一致するメールを探せ!Gmailでメールを検索する時に便利な裏ワザ

キーワードと完全一致するメールを探せ!Gmailでメールを検索する時に便利な裏ワザ

  • @DIME
  • 更新日:2023/11/22

ビジネス、プライベート問わず、Gmailを長い期間使用していると、メールはどんどん溜まっていきます。

多数あるメールから、特定のメールを探す際には、上部に表示されている検索バーに、キーワードを入力するのが一般的ですが、見たいメールとは別のメールがたくさんヒットしてしまい、なかなか目的のメールにたどり着けないといった経験をしたことはないでしょうか。

そこで本記事では、Gmailでのメール検索時に便利な「検索演算子」の使い方について紹介していきます。

Gmailで指定したワードと完全一致したメールを検索する方法

Gmailで検索演算子を使用すると、入力したキーワードと〝完全に一致した文言〟が記載されているメールや、〝指定した期間〟に送信されたメールのように、検索結果をより細かく設定できます。

そのため、メールが多く溜まっている人や、似たようなメールを多く受信している人におすすめの機能となっています。

指定ワードと完全一致したメールを探せるGmailの「検索演算子」とは

そもそも「検索演算子」とは、特定の記号や特殊な単語を使用して検索をすることで、探している情報を見つけやすくするためのツール。一般的には、ネット検索時に使用されることが多いものですが、Gmail内のメール検索においても、活用することができます。

Gmailで使える検索演算子一覧

では、実際にGmailで使用できる検索演算子の中から、特に便利なものや、使用頻度の高い物を中心に紹介していきます。検索演算子は、検索バーに以下で紹介する特殊なキーワードを入力した後に、検索したい単語を入力して使用します。

No image

送信者を特定する

from:○○

受信者を特定する

to:○○

件名に含まれる単語を指定する

subject:○○

検索結果から除外するキーワードを指定する

○○(検索したい単語)-××(除外したい単語

添付ファイルのあるメールを検索する

has:attachment

指定した名前やファイル形式の添付ファイルがあるメールを検索する

filename:○○

指定した期間に送信されたメールを検索する

after:○○/before:○○/older:○○/newer:○○

検索キーワードと完全に一致するメールを検索する

+○○

Gmailで利用できる検索演算子はほかにも多数あるので、より詳しく知りたいという人は、下記サイトをご確認ください。

【参照】Gmailで使用できる検索演算子

iPhone、Androidスマホ版Gmailアプリで指定したワードと完全一致するメールを検索する方法

上述したGmailで使用できる検索演算子は、PCブラウザ版Gmailだけでなく、スマートフォンアプリ版Gmailでも使用可能となります。指定したワードと完全一致するメールを検索する場合は、「+○○」で検索をしてみましょう。

Gmailの検索演算子を使っても指定ワードと完全一致したメールが検索できない時の対処法

検索演算子を使用しても、キーワードと完全一致したメールが表示されない場合は、まず入力しているキーワードに不備がないかをチェックする必要があります。思い当たる表記方法が別にある場合は、入力しなおしてみるのがおすすめです。

また、インターネット環境によっては、検索に時間がかかったり、検索結果が表示されない可能性があります。Wi-Fiに接続するなど、インターネットの接続状況を改善してみましょう。

そのほか、アプリの不具合、スマートフォンやPCといったデバイスの不具合も考えられるので、アプリやデバイスを再起動するのもおすすめ。Gmailアプリの最新バージョンが配信されている場合は、アップデートをしてから、再度検索演算子を使用してみましょう。

Gmailで検索したいキーワードがあいまいな時に便利な検索演算子「ワイルドカード」とは?

検索したいメールの内容をある程度覚えているものの、単語があいまいという場合に便利なのが、「ワイルドカード」と呼ばれる検索演算子です。ワイルドカードを使うと、あいまいなキーワードと〝ほぼ〟一致している単語の検索を行うことができます。

任意の1文字に一致

「.」(goo.gle と指定すると、gooogle、goodgle、goo8gle が検索結果に表示)

直前のアイテム0個以上に一致

「*」(goo*gle と指定すると、gooogle、goooogleが検索結果に表示)

直前のアイテム1個以上に一致

「+」(gooo+gle と指定すると goooogle も表示されるが、googleは表示されない)

直前の 0 個または 1 個のアイテムに一致

「?」(labou?r は labor と labour の両方が表示)

「OR」条件

「│」(a|b と指定すると、a または b、あるいは a と b の両方が表示)

【参照】フィルタや自動化ルールで正規表現を使用する

Gmailのメール検索が楽になる「フィルタ」の使い方

Gmailでメールの検索を楽にするために便利なのが、「フィルタ」と呼ばれる機能。あらかじめメールを振り分けるラベルを作成し、特定のメールを自動的に振り分けるように設定することができます。

なお、執筆時点でラベルの作成、フィルタルールの設定は、Androidスマートフォン向けGmailアプリではできません。今回はiPhone版Gmailアプリにて、ラベルの作成方法と、フィルタルールの設定方法を紹介していきます。

1.Gmailアプリを開き、左上の3本線アイコンをタップ。「新規作成」に進みます。ラベル名を入力したら、右上の「保存」をタップしましょう。

No image

2.Gmailアプリのトップ画面に戻り、再度左上の3本線アイコンをタップしたら、「設定」に進みます。

No image

3.「受信トレイのカスタマイズ」>「ラベル」の順に進み、先ほど作成したラベルをタップします。

No image

4.「追加…」をタップし、ラベルに振り分けたいメールの条件(メールアドレス等)を入力すればOKです。

No image

※データは2023年11月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/F.さとう

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加