ストラーダ、HD地図&音質向上した新大画面ナビ。10型有機EL「CN-F1X10BHD」など3機種

ストラーダ、HD地図&音質向上した新大画面ナビ。10型有機EL「CN-F1X10BHD」など3機種

  • PHILE WEB
  • 更新日:2021/10/14

パナソニックは、カーナビステーション “Strada(ストラーダ)” より、フローティング構造の大画面3モデルを12月上旬に発売する。ラインナップと価格は下記の通り。

No image

「CN-F1X10BHD」

No image

「CN-F1D9HD」

・10型有機EL搭載「CN-F1X10BHD」¥OPEN(予想実売価格:税込22万円前後)

・10型有機EL搭載「CN-F1X10HD」¥OPEN(予想実売価格:税込20万円前後)

・9型液晶搭載「CN-F1D9HD」¥OPEN(予想実売価格:税込14万円前後)

映像と地図表示をHD解像度での表示に対応させたカーナビ新モデル。これまで同社は2016年にフローティング構造のモデルを発売後、2017年には独自のスイング機能、2020年には業界初の有機ELを採用してきたが、今回はさらなる高画質化を追求したとしている。

No image

「CN-F1X10BHD」

地図については、従来比2.4倍の解像度となる「HD美次元マップ」を搭載し、視認性を考慮した配色の新デザインを採用。文字や道路、自車位置マークが見やすくなった。また、3D地図描写では、ビルの明かりや影までリアルに表現できるほか、自車位置マークの周りだけを透過することで視認性も向上させている。

No image

視認性を考慮した配色の新デザインを採用

高速CPUの搭載により、ルート探索にかかる時間を従来比で半分以下に短縮。従来モデルの1ルート探索にかかる時間で、5ルートの探索が可能だ。また、ダイレクトレスポンスIIにより、サクサク快適に操作できる操作レスポンスを追求。合わせて、本体の起動時間についても高速化されている。

上下判定や自車位置精度を高めた「ストラーダ ロケーションシステム」を搭載。新アルゴリズムによって1秒間に10回の自車位置を測定し、高速走行でもなめらかに自車位置を表示するとのこと。また、駐車場の出入口を学習することで、駐車場から走行車線に戻る際に発生しやすい位置ズレも解消する。上下精度の向上により、高架道路と並走する道路での自車位置の精度も向上した。

操作面では、2点ドラッグの上下で地図の俯瞰度合いを調整し、2Dから3Dへと切り替えることが可能。円弧を描くような2点ドラッグをすることで、地図の回転も行える。メニュー画面をカスタマイズする「簡単ツートップメニュー」が強化され、一覧からのメニュー画面に表示したい機能の設定、アイコンのドラッグでの移動に対応する。

No image

モーションコントロールが進化

また、ナビに話しかけることで目的地の検索や設定ができるボイスサーチ(音声認識)機能では、従来モデルで必要だったスマートフォンアプリのインストールや設定などが不要となった。Wi-Fi・テザリング接続時には、音楽CDのアルバムタイトル、曲名などのワンタッチ更新も行える。

ハードウェアの面では、CN-F1X10BHD/CN-F1X10HDの2機種に10型の有機ELディスプレイを採用。広視野角の低反射タイプとなり、外光下でも視認性に優れ、長時間のドライブでも快適に過ごせるという。また、最薄部で約4.7mmのスリムベゼルデザインを採用する。CN-F1D9HDは9型の液晶搭載モデルとなる。

フローティング構造を採用するため、ディスプレイの上下スライド、前後チルト、左右それぞれ15度のスイングが可能。これにより、業界最多となる470車以上の取り付けに対応する。また、車両特有の振動周波数を考慮した保持構造により、フローティングタイプ特有の画面ブレに対しての耐振動性を高めた。

サウンドでは、全モデルでハイレゾ音源に対応する。機能面も進化しており、プロのチューニングを楽しめる「音の匠」サラウンドモードに、ライブ音楽に最適な「極サラウンド」を新搭載。同社家庭用オーディオの技術によって低音部分の音を仮想再生することで、重低音専用のスピーカーがあるような迫力が楽しめるとのこと。

No image

「極サラウンド」を新搭載

加えて、CN-F1X10BHD/CN-F1X10HDの2機種では、ハイエンドオーディオ機器向け高音質オペアンプ“MUSESシリーズ”、パナソニックブランドの高速演算DSP、フィルムコンデンサといった高品位なパーツを新たに採用。ベースとなる音質の向上を図り、スタジオマスターサウンド再現をさらに追求したという。

その他の機能として、2カメラドライブレコーダー/リヤビューカメラHD表示連携、一時停止や制限速度を知らせる「安全・安心運転サポート」、交通情報システム「VICS WIDE」を活用した渋滞回避を備える。また、全国の市街地を100%カバーしたゼンリン製の詳細地図「全国市街地図」を搭載する。

ファイルウェブ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加