レッドソックス・澤村が2球で火消しの好リリーフ 今季38試合登板はチーム内2位タイ

レッドソックス・澤村が2球で火消しの好リリーフ 今季38試合登板はチーム内2位タイ

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/07/20
No image

現地19日、ブルージェイズ戦に登板した澤村拓一

● ブルージェイズ 4 - 13 レッドソックス ○
<現地7月19日 セーレン・フィールド>

レッドソックスの澤村拓一投手(33)は19日(日本時間)、敵地でのブルージェイズ戦に救援登板。0回1/3を無失点に抑え、今季の防御率は「2.87」に良化した。

澤村は9点リードの7回二死一・二塁の場面で、先発のピベッタの後を受けて登板。6番・グリチェクにカウント1ストライクからのスプリットをすくい上げられたが、打球は伸びを欠いて左飛に。わずか2球でピンチを切り抜けた。

地区首位を走るレッドソックスは、初回に一挙8得点の猛攻をみせ、カード初戦に大勝。澤村はこの試合がチーム2位タイとなる38試合目の登板で、4勝1敗7ホールド、防御率2.87の成績。メジャー1年目からブルペンの一角として存在感を示している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加