世代交代進む体操女子 世界選手権は初代表10代3人 17歳・宮田は「引っ張りたい」

世代交代進む体操女子 世界選手権は初代表10代3人 17歳・宮田は「引っ張りたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/14
No image

世界選手権の日本代表に決定した(左から)山田、宮田、笠原(撮影・高石航平)

「体操・NHK杯」(14日、東京体育館)

世界選手権(10月開幕、英リバプール)の選考を兼ねて女子が行われ、4月の全日本個人総合選手権2位の宮田笙子(17)=鯖江スクール=は合計160・029点で逆転優勝した。高校生が頂点に立つのは7年ぶり。全日本女王の笠原有紗(17)=レジックスポーツ=は合計159・528点で2位。山田千遥(19)=朝日生命ク=は3位だった。宮田、笠原、山田の3人は初の世界選手権代表に決定した。

フレッシュな顔ぶれとなった。日本女子は、昨夏の東京五輪以降、長年日本代表をけん引した村上茉愛さんを始め、トップ選手が次々と引退。世代交代が一気に進む中、17歳の宮田が新たに頂点に立った。宮田は「尊敬される選手でいたいし、引っ張っていけるようにしたい」と、早くも頼もしかった。

2位の笠原は、「大きなミスなく演技ができたのが自信につながった。寺本選手、村上選手が引退して今度は自分たちが引っ張らないといけない」と気を引き締めた。3位の山田も「いい演技を4種目そろえられた」と喜んだ。

4月の全日本個人総合選手権では上位選手のミスが相次いだが、この日は上位選手の目立ったミスは少なかった。田中光女子強化本部長は「新しいメンバーで、よい兆しが見えたんじゃないかな」と手応えを示した。残りの2枠は、6月の全日本種目別を経て決まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加