3年ぶりに花火大会や夏祭り 一部ではコロナの影響で今年も中止

3年ぶりに花火大会や夏祭り 一部ではコロナの影響で今年も中止

  • SBC NEWS
  • 更新日:2022/08/06

県内では3年ぶりに花火大会や夏祭りのイベントが行われています。

千曲川河川敷で、昨夜開かれた信州上田大花火大会。

新型コロナの影響で去年とおととしは中止となり、今年は3年ぶりに県内の3つの煙火業者が、およそ8000発を打ち上げました。

(訪れた人は)「圧巻ですよね。やっぱり心に響くものがあります」「人も出てこられるようになって、空気感だけですごく楽しいです」

一方、長野市では今夜、3年ぶりに夏祭りの長野びんずるが行われます。

当初の予定より3割ほど少ない28の連のおよそ850人が踊りに参加する予定で、実行委員会ではマスクの着用や間隔を取るなどの感染対策を呼び掛けています。

県内では今夜、松本ぼんぼんも3年ぶりに行われますが、飯田市や小諸市では夏のイベントは中止となり、対応が分かれています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加