プロのドライバーが雪道訓練...実際に急ブレーキなどを体験【福島発】

プロのドライバーが雪道訓練...実際に急ブレーキなどを体験【福島発】

  • 福島ニュース 福テレ
  • 更新日:2022/01/15
No image

福島テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

報告:日影多加志記者「スキー場ということで一面銀世界です。路面の雪は硬く締まっていますが、圧雪状態でかなり滑ります」

福島交通と会津乗合自動車が合同で行った雪上訓練には、運転歴が比較的短いドライバー約30人が参加しました。

雪の積もった路面は乾いた路面と比べて、停止にかかる距離は約3倍。

急ハンドルや急ブレーキなど、あえてやってはいけない運転をすることで、丁寧な操作の大切さを学ぶ。

会津乗合自動車の運転手(歴5年)「(雪上訓練は)機会がないですし、ましてや雪の中の急ブレーキって実際やってはいけないことなので。(訓練を生かして)これから安全運転で仕事をさせていただきます」

ところが、訓練はたびたびストップ…

タイヤが雪にはまり動けなくなることも。

福島交通輸送安全部・高橋幹雄部長「(公道での立ち往生は)必ずしも絶対起きないということはないと思いますので、そういった部分もこれからの運転士のひとつの薬にして頂ければよいかなと」

県内では週明けに再び冷え込む予報で、引き続き運転には十分な注意が必要。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加