【MLB】秋山翔吾、3試合ぶりマルチ 先取点を呼び込む中前打、三塁内野安打

【MLB】秋山翔吾、3試合ぶりマルチ 先取点を呼び込む中前打、三塁内野安打

  • フルカウント
  • 更新日:2020/09/16
No image

レッズ・秋山翔吾【写真:AP】

メジャー6度目のマルチ安打、試合前まで9月は打率.314

■レッズ – パイレーツ(日本時間16日・シンシナティ)

レッズの秋山翔吾外野手は15日(日本時間16日)、本拠地のパイレーツ戦で「1番・左翼」で先発出場。初回先頭で中前打、4回2死では三塁内野安打を放ち、3試合ぶりメジャー6度目のマルチ安打をマークした。

初回先頭は1ボール2ストライクからマスグローブの高めフォーシームを中前へ打ち返した。初回の3点を呼び込んだ。2回無死は空振り三振に倒れたものの、4回2死では快足を飛ばして三塁内野安打とした。

秋山は9月は試合前まで35打数11安打の打率.314、4打点、4盗塁。11四球を選び、出塁率.489と好調をキープしている。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加