河野氏“石破リスク”決選投票なら 安倍麻生票が...

河野氏“石破リスク”決選投票なら 安倍麻生票が...

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/09/15
No image

動画を見る(元記事へ)

石破元幹事長が河野行政改革担当大臣を支持し、2人がタッグを組むとなると、安倍前総理、そして麻生副総理からの反発を招きかねません。今後、河野陣営は「石破リスク」とどう向き合っていくのでしょうか。

石破茂元幹事長:「私も35年、この仕事をさせて頂いていますが、言うべきことを言って非常に厳しい立場にたったことは何度もあります。そのことによって己の立場が不利になっても構わない」

石破元幹事長と河野大臣の強力タッグが成立することとなった自民党総裁選。

しかし、石破元幹事長と組むことは河野陣営にとってリスクもあるといいます。

政治部・原慎太郎記者:「石破氏は安倍氏や麻生氏と反目しあってきた経緯がありますので、仮に決選投票となった場合には安倍氏と麻生氏に近い国会議員の票を失うことになります」

さらに、その動向を注視されているのが野田幹事長代行の出馬。現在、推薦人20人の確保に向けて最終調整を行っています。

政治部・原慎太郎記者:「もし野田氏が出馬すれば候補者が4人となり、票が割れて、いずれの候補も過半数を獲得できず、上位2人による決選投票になる可能性があります。決選投票は国会議員票の比重が一気に増しますので、1回目の投票で2位だった候補が逆転勝利するという展開も考えられる」

野田幹事長代行といえば最近では二階幹事長への親身なサポートが印象深く、例えば2月、菅総理大臣の長男が勤める東北新社の総務省幹部接待問題について質問が及んだ時…。

二階俊博幹事長:「(Q.役員会で総理から言及はなかった?)…」

野田聖子幹事長代行:「息子のことで、色々ご迷惑を掛けて申し訳ないと…」

二階俊博幹事長:「それ言ってくれよ、言ってくれって」

野田聖子幹事長代行:「総理の方からは息子さんの件でご迷惑を掛けて申し訳ありませんというお言葉がありました」

まさかの丸投げにも動じず、質問に答えていました。

二階幹事長は総裁選にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

政治部・原慎太郎記者:「今の段階では『誰に有利になる』とは、一概には言えないと思う。二階派は事実上の“二階外し”を打ち出している岸田氏以外の各候補に推薦人を出す可能性があり、どの候補が勝っても大丈夫なように動いている。決選投票になった場合にも、勝ち馬に乗れるように情勢を見極めているという段階です」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加