アン・ハサウェイ、コロナ禍のロンドンが舞台の映画に主演 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」監督とタッグ

アン・ハサウェイ、コロナ禍のロンドンが舞台の映画に主演 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」監督とタッグ

  • 映画.com
  • 更新日:2020/09/16
No image

アン・ハサウェイとダグ・リーマン監督 Photo by Owen Hoffmann/Getty Images for Netflix Photo by: Chris Haston/NBCUniversal/NBCU Photo Bank/NBCUniversal via Getty Images

オール・ユー・ニード・イズ・キル」のダグ・リーマン監督が、新作「ロックダウン(原題)」で、米人気女優アン・ハサウェイとタッグを組むことになったと、米Deadlineが報じている。

新型コロナウイルス感染防止対策のため、都市封鎖状態にある英ロンドンを舞台にした強盗もので、ロマンティックコメディの要素もあるという。「二ツ星の料理人」「マリアンヌ」の英脚本家スティーブン・ナイトによるオリジナル脚本で、P・J・ファン・サンドヴァイクがプロデューサーを務める。ハサウェイのほか、ナイトが企画・制作総指揮を務めるドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」のキリアン・マーフィが出演する可能性があるという。製作費1000万ドル以下のインディペンデント映画で、9月下旬にクランクインする予定だ。

なお、リーマン監督といえば、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」「バリー・シール アメリカをはめた男」でタッグを組んだトム・クルーズと、宇宙ロケに挑むタイトル未定作の準備を行っていることでも知られる。宇宙輸送を業務とするスペースXとアメリカ航空宇宙局(NASA)の協力を得て、宇宙で撮影を行うという前代未聞の意欲作で、リーマン監督自身が脚本を執筆する。

スペースXが次世代の超大型ロケットの開発を進め、クルーズが「ミッション:インポッシブル7(仮題)」「ミッション:インポッシブル8(仮題)」を完成させるまでのあいだ、リーマン監督も別企画に携わることにしたようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加