オリ・能見と阪神・アルカンタラが同時に受難 同時刻に打球直撃のハプニング

オリ・能見と阪神・アルカンタラが同時に受難 同時刻に打球直撃のハプニング

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11
No image

7回、日本ハム・近藤の打球を足に当てるアルカンタラ(撮影・田中太一)

同時刻に2球場で投手が打球を受け、交代するアクシデントがあった。

京セラドームで行われたオリックス-巨人戦の七回2死から、マウンドの能見が松原の痛烈なピッチャーゴロを左足に受けた。はねた打球を処理しようとしたが、やや足を引きずるような仕草があり、ベンチからトレーナーが飛び出してきた。

投手コーチらとともにベンチへさがったが、オリックスベンチは右腕・村西にスイッチ。その同時刻、遠く離れた札幌ドームでも同様のシーンが起きていた。

日本ハム-阪神戦の七回に、近藤が放った痛烈なピッチャーゴロが快投を続けていたアルカンタラの右すね付近を直撃。激痛からかその場に座り込み、治療のためベンチに下がったが、続投は困難と判断された模様で、2番手に馬場が上がった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加