水道橋博士、議員辞職後初ツイート 著名人やファンから励ましの声集まる

水道橋博士、議員辞職後初ツイート 著名人やファンから励ましの声集まる

  • Sirabee
  • 更新日:2023/01/25
No image

体調不良のため参議院議員を辞職した水道橋博士が25日、公式ツイッターを更新。SNSを再開することを報告した。

【ツイート】水道橋博士がSNS再開を報告

■今月に議員辞職

水道橋博士は昨年7月の参議院議員選挙で、れいわ新選組の比例代表で出馬して当選した。しかし体調不良で10月から本会議を欠席し、翌11月にうつ病を公表して療養。今月16日に議員辞職した。

水道橋博士の辞職を受け、れいわ新選組の山本太郎代表は、残る5年半の任期について、「比例に投票してくれた人の思いを生かす試み」として比例代表で落選した5人が交代で任期を務める「れいわローテーション」構想を発表。

この構想に賛否両論の声があがり、元宮崎県知事でタレントの東国原英夫も「一体何を考えてるの?」と疑問を呈するなど騒動となっていた。

関連記事:柏木由紀、難病公表時に届いた言葉への心境明かす 「正直それどころじゃ…」

■「リハビリにつとめたい」

水道橋博士はきょう25日、昨年10月以来約3ヶ月ぶりにツイッターを更新。

「多くの人にご迷惑をおかけしました。心よりお詫び申し上げます」と謝罪すると、「SNS緩やかに解禁しリハビリにつとめたいと思います」とSNSを再開することを報告している。

■ファンから気遣う声

この投稿に、NHK党の立花孝志党首が「迷惑なんて誰にもかかってないですよ! 心の病は時間が薬です。どうぞ焦らずゆっくり社会復帰目指してください! 頑張らない! これがうつ病を治す方法だと私は考えています」とメッセージを送った。

また、ファンからも「博士おかえりなさい!」「ゆるゆるとまずは身体を大切に、少しずつリハビリされてください」「時間をかけて、ゆっくりと。本当にお大事になさってください」と励ましや気遣いの声が寄せられている。

■水道橋博士がSNS再開を報告

多くの人にご迷惑をおかけしました。心よりお詫びいたします。SNS緩やかに解禁しリハビリにつとめたいと思います。
— 水道橋博士 (@s_hakase)
January 25, 2023
from Twitter

(文/Sirabee 編集部・けろこ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加