【ソフトバンク】ホークス一筋 最強のスーパーサブ・明石健志が引退

【ソフトバンク】ホークス一筋 最強のスーパーサブ・明石健志が引退

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/09/23

ソフトバンクの明石健志内野手(36)が今季限りで現役を引退することを決断した。今日23日に引退会見が行われる。

明石は2003年のドラフトで4位指名を受けてダイエーホークス(当時)に入団。そこからホークス一筋。規定打席に到達したのは2012年シーズンのみだったが、抜群の野球センスを誇り走攻守3拍子揃った最強のスーパーサブとしてチームの常勝を支える原動力となった。

19年4月25日のオリックス戦(当時ヤフオクドーム)でサヨナラ本塁打を放った際は、ホーム直前で側転をしてバク宙ホームインを決め鷹ファンを大いに沸かせた。

通算成績は1007試合に出場して、打率2割5分2厘、17本塁打、213打点、93盗塁。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加