バルサ 1月にデパイ獲得へ、2選手の売却も否定せず

バルサ 1月にデパイ獲得へ、2選手の売却も否定せず

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/10/16
No image

リヨンのFWデパイ

FCバルセロナのクラブの財政状況(主に賃金制限)は、メンフィス・デパイの獲得を撤回しなければならなかったことを意味していた。

最終的な契約はできなかったが、オランダ人選手が契約期間の最後の6ヶ月を迎える1月に取引を行うという約束は、今もなお守られている。

バルサは、今夏のNO.1ターゲットがラウタロ・マルティネスであることを決して隠さなかった。コロナウイルスの影響で、インテルのストライカーへの交渉は終了し、イタリアのクラブとは合意には至らなかった。

ラウタロは移籍を希望していたが、移籍金が高すぎたのだ。クーマンはそのことを知っていたが、それにもかかわらず、ストライカー獲得を要求していた。デパイはオランダ代表時代からよく知っている選手で、契約状況からしてラウタロよりもはるかに安価な選手だった。

クラブはこの契約に向けて懸命に努力した。ネルソン・セメドを適正価格で売却したことでバルサはセルジーニョ・デストを獲得できた。一方で、マンチェスター・シティのCBエリック・ガルシアとリヨンのデパイを獲得には失敗した。

デパイはバルサでのプレーを望んでいたし、1月に契約を完了させることを周囲も望んでいる。デパイはカンプ・ノウへの移籍を切望しており、リヨンは来夏にフリーで彼を失う前に売却したいと考えているだろう。

バルサはそれに取り組んでおり、実現させるためにアタッカーを売却することも否定していない。彼らには、2つの選択肢がある。1月にデンベレか、マルティン・ブライトバイテを放出するかだ。前者は今夏にマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されたが、合意しなかった。

クーマンにとって、デパイの多才さと爆発力は重要な役割を果たすだろう。彼は9番としてだけでなく、ウイングでも起用できるのは大きな強みだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加