格闘ゲームを映画化した「モータルコンバット」日本公開、浅野忠信や真田広之が出演

格闘ゲームを映画化した「モータルコンバット」日本公開、浅野忠信や真田広之が出演

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/04/07

世界的な人気を誇る格闘ゲームを映画化した「Mortal Kombat」が「モータルコンバット」の邦題で6月18日に全国公開。IMAX、4DX、MX4Dで上映されることも明らかになった。

No image

「モータルコンバット」ロゴ

「モータルコンバット」は相手にとどめを刺す残虐な描写“フェイタリティ”があることから、日本では未発売の作品もあるゲームシリーズ。映画版では胸にドラゴンの形をしたアザを持つ総合格闘技選手コール・ヤングを軸に物語が展開する。自らの生い立ちを知らぬまま、金のために戦う日々を送っていたコールは、ある日、魔界の皇帝シャン・ツンが放った最強の刺客サブ・ゼロに命を狙われることに。家族の安全が脅かされることを恐れ、特殊部隊の少佐ジャックスに言われるがまま地球の守護者であるライデンの寺院を訪れるコール。彼はそこで世界の命運を懸けた格闘トーナメント“モータルコンバット”の存在と、自らが魔界の敵と戦うために選ばれた戦士であることを知る。

「デッドプール2」のルイス・タンがコール・ヤングを演じ、彼とライデンの寺院を訪れる特殊部隊所属のソニア・ブレイドに「MEG ザ・モンスター」のジェシカ・マクナミーが扮した。またライデン役で浅野忠信、スコーピオン / ハサシ・ハンゾウ役で真田広之が出演。さらにサブ・ゼロ / ビ・ハン役で「スター・トレック BEYOND」のジョー・タスリムがキャストに名を連ねた。

監督を務めたのは本作で長編監督デビューを果たしたサイモン・マッコイド。マッコイドのほか、「アクアマン」のジェームズ・ワン、「イントゥ・ザ・ストーム」のトッド・ガーナー、「アメイジング・スパイダーマン2」のE・ベネット・ウォルシュが製作を担当した。

※「モータルコンバット」はR15+指定作品

(c)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights ReservedIMAX(R) is a registered trademark of IMAX Corporation.

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加