「バイオハザード」「モンスターハンター」シリーズ最新作の情報を公開、TGS 2020「CAPCOM SPECIAL PROGRAM」レポート

「バイオハザード」「モンスターハンター」シリーズ最新作の情報を公開、TGS 2020「CAPCOM SPECIAL PROGRAM」レポート

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/09/26
No image

「CAPCOM SPECIAL PROGRAM」

カプコンは9月25日、東京ゲームショウ 2020の公式チャンネルで「CAPCOM SPECIAL PROGRAM」を放送。バイオハザードシリーズ最新作「BIOHAZARD VILLAGE」とモンスターハンターシリーズ最新作「モンスターハンターライズ」「モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~」の情報を公開した。

「BIOHAZARD VILLAGE」

「BIOHAZARD VILLAGE」の紹介コーナーでは、プロデューサーの神田 剛氏、ピート氏が登場。まずは先日公開されたトレーラーが流れた。本作は、前作「バイオハザード7 レジデント イービル」から数年後の物語で、主人公は7と同様イーサン・ウィンターズとなる。イーサンは妻との平和な日常を取り戻しているのだが、その日常を奪うのが、クリス・レッドフィールド。イーサンとクリスの関係がどうなってしまったのかは、続報に期待してほしいとのことだ。

No image

「BIOHAZARD VILLAGE」

No image

プロデューサーの神田 剛氏(スクショ真ん中)、ピート氏(スクショ左)が登場

No image

「バイオハザード7 レジデント イービル」から数年後の物語

No image

クリスの動向も気になる

また、“もう一つの主人公”として「村」についても紹介があった。村にクリーチャーがはびこっているだけでなく、村人も暮らしているという。村で出会う人々とのドラマにも要注目だ。

No image

本作でかなり力を入れているという“村”

No image

素早い動きと狂暴性を持ったクリーチャー。群れで行動するという

No image

村に住んでいる人がいる

加えて、初公開映像として、ピート氏に加えディレクターの佐藤氏、アートディレクターの高野氏のインタビュー映像が公開された。気になる人は、ぜひアーカイブをチェックしてみてほしい。

No image

ディレクターの佐藤氏

No image

アートディレクターの高野氏

No image

ピート氏

No image

シリーズ25周年のロゴも公開された

No image

25周年のビジュアルも

最後に、神田氏は「まだほんの1部の情報しかお届けできない状況ですが、スタッフ一同最高のサバイバルホラー体験をお届けできるように精いっぱい頑張っております。引き続き、魅力を伝えていきたいと思っているので、引き続き注目ください」とコメントした。

また、本作は次世代コンソールとPCでの発売を予定しているが、PlayStation 4とXbox Oneでどこまで再現できるかも検討しているとのこと。発売は未定だが、鋭意検証中ようなので、こちらも期待して待とう。

モンスターハンターライズ

No image

「モンスターハンターライズ」

続いて、「モンスターハンターライズ」の紹介コーナーには、プロデューサーの辻本 良三氏とディレクターの一瀬 泰範氏が登場。まずは先日公開されたトレーラーに、武器やアイテムを使ったアクションなど、一部新たな映像を加えた映像が公開された。

No image

プロデューサーの辻本 良三氏(スクショ真ん中)と、ディレクターの一瀬 泰範氏(スクショ左)が登場

まずは、プレイヤーが利用できる「翔蟲」という虫について紹介があった。翔蟲を使うと、高速に移動できたり、武器に合わせた様々な攻撃も可能になるという。また、拠点からクエストを受けてフィールドに出た後は、ロードなしでシームレスにプレイできるとのことだ。

No image

高速に移動できたり、武器に合わせた様々な攻撃も可能な「翔蟲」

No image

マップ「大社跡」

また、新しいオトモである「オトモガルク」についても紹介。オトモガルクはハンターが背中に乗って移動したり、攻撃のサポートなども担ってくれるオトモだ。背中に乗って移動する際は、ハンターはスタミナを消費しないほか、乗ったまま一部アイテムの仕様も可能だという。

No image

背中に乗って移動したり、攻撃のサポートなども担ってくれるオトモ「オトモガルク」

オトモは、1人プレイの場合は2匹まで、マルチの場合は1匹までクエストに連れていける。なお、1人プレイの際の2匹は、ガルクとアイルーから選択可能で、ガルク2匹といった構成もでき、どういった構成にするかはプレイヤー次第とのことだ。

No image

本作のメインモンスターとなる「マガイマガド」

No image

縄張り意識が強い「アケノシルム」

No image

三位一体となって巧みな連携攻撃を繰り出してくる「オサイズチ」

No image

食べることに貪欲で、食べることで体型が変化して攻撃力も変わるという「ヨツッミワドウ」

さらに、拠点となる多々羅製鉄が盛んな「カムラの里」についても紹介。カムラの里には個性豊かな住人がいて、ハンターを支えてくれるそうだ。そのほか、トレーラーでもふれられた百竜夜行というキーワードも、本作の重要なポイントになるという。こちらについては続報に期待しよう。

No image

拠点「カムラの里」

モンスターハンターライズは、2021年3月26日に世界同日発売予定。さらに、9月26日21時から放送予定の「CAPCOM TGS LIVE 2020」では、世界初となる実機プレイ映像を公開予定とのことだ。気になる人は、こちらもぜひチェックしてほしい。

No image

2021年3月26日に世界同日発売予定

No image

デラックスエディションも

No image

限定特典。カワイイ

No image

amiiboも発売

No image

モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~との連動要素も

No image

「CAPCOM TGS LIVE 2020」では、世界初となる実機プレイ映像を公開予定

一瀬氏は「発表したときにうれしい反響をいただきました。開発一同ハンターの皆さんにモンスターハンターライズならではの体験をしていただけるように制作をがんばっているので、よろしくお願いします」とコメントした。

モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~

No image

「モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~」

続いて、辻本氏が「モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~」について紹介。本作は、アクションではなくRPGで、モンスターと絆を結んで育てることができる「モンスターライダー」として冒険する物語だ。モンスターライダーは、手に付ける「絆石」を使ってモンスターと絆を深めることができる。

No image

モンスターと絆を結んで育てることができる「モンスターライダー」が主人公のRPG

また、主人公の祖父で物語の重要なカギを握る偉大なモンスターライダー「レド」や、レドのパートナーであるリオレウス、竜人族でリオレウスの卵を託された少女「エナ」などについても紹介があった。なぜ、彼女がリオレウスの卵を託されたのかのも、ストーリーの重要なカギになるという。

No image

「破滅の翼」をめぐる壮大な物語

No image

リオレウスがどこかにいなくなってしまった世界の物語

No image

主人公の祖父で物語の重要なカギを握る偉大なモンスターライダー「レド」。リオレウスや世界の異変にいち早く気付く

No image

レドのオトモはリオレウス

No image

主人公はレドの孫

No image

主人公はキャラメイクが可能

No image

リオレウスの卵を託された竜人族の「エナ」

No image

そのほかの登場人物

そのほか、従来作品で使えた4つの武器に加え、新たに2つの武器が追加される。加えて、キャラクターメイキングによって名前や容姿のカスタマイズが可能になっている。

モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~は、2021年夏に発売予定。なお、本作とモンスターハンターライズには、ともに連携要素も用意しているとのことだ。

No image

2021年夏に発売予定

最後に辻本氏は「今後も情報をお届けしていきますし、狩猟解禁日も楽しみにしてほしいです。また公式のLINEやツイッターアカウントも開設しているので、そちらの情報もぜひ追ってください」と挨拶した。

カプコンは9月26日と27日にもCAPCOM TGS LIVE 2020を放送予定なので、気になる人はコチラもチェックしよう。

No image

TGS LIVE 2020記念セールも開催中

■関連サイト

BIOHAZARD VILLAGE

モンスターハンターライズ

モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~

東京ゲームショウ 2020

八尋 編集●ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加