沢村拓一が2回パーフェクト、カブレラら相手中軸を8球で3者凡退 今季防御率は2・96に

沢村拓一が2回パーフェクト、カブレラら相手中軸を8球で3者凡退 今季防御率は2・96に

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/06/23
No image

黄色のユニホームで力投するレッドソックス沢村拓一(USA TODAY=ロイター)

<レッドソックス6-2タイガース>◇22日(日本時間23日)◇フェンウエイパーク

レッドソックス沢村拓一投手(34)が、タイガース戦で2回を無安打無失点と好投した。

6-2の8回から3番手で登板。先頭の3番バエスを93マイル(約150キロ)の高速スプリットで遊ゴロ、4番カブレラをこの日最速の98マイル(約158キロ)フォーシームで遊ゴロに退け、3人目のカストロも二ゴロと、相手中軸を8球で3者凡退とした。続投した9回も左飛、一ゴロ、二ゴロと7球で3人を退け、2イニングを無安打無失点、無四球とパーフェクト投球で抑えた。勝敗などは付かなかった。

これが18日カージナルス戦以来の登板で、今季はここまで26試合に登板し0勝1敗、防御率2・96となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加