山口蛍と酒井高徳が見る東京五輪「日本のキーマンは?」「注目国と気になる選手は?」

山口蛍と酒井高徳が見る東京五輪「日本のキーマンは?」「注目国と気になる選手は?」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/22
No image

山口が注目しているというD・アウベス。若きチームのなかでどんなプレーを見せるのか。(C)Getty Images

No image

酒井が期待するのがFW陣の活躍。林らの働きがひとつのポイントに。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

No image

ロンドン五輪に出場した山口(左)と酒井(右)。日本のベスト4入りに貢献した。(C)SOCCER DIGEST

初戦でスペインを破った勢いそのままに、メダル獲得まであと一歩まで迫った12年のロンドン五輪。世界を驚かせたその躍進に大きく貢献したのが、ボランチの山口蛍とSBの酒井高徳だった。五輪を知るふたりは東京五輪をどう見ているのか。今大会における日本のキーマン、そして対戦国について語ってもらった。

――◆――◆――

――今大会で日本はどこまで勝ち上がれそうでしょうか。

山口 予想というより希望を言うと、日本開催の大会でもあるし、当然金メダルを目指してほしいです。

酒井 最低でもメダルを獲ってほしいよね。もちろん金に越したことはないけど、何色だったとしても日本サッカー界にとっては大きな意味がある。

――日本が勝ち上がるためのキーマンは?

酒井 今回はみんなレベルが高いからな。

山口 みんなに期待しているよね。
酒井 だよね。ただ俺はそのなかでもフォワード陣に注目している。今回のチームは中盤に上手いタレントが集まっているイメージがあるので、前線の選手がどう攻撃の連動に加わるかはひとつのポイントだし、なおかつ当然ゴールを取らなきゃいけない。どうしても中盤がフォーカスされるなかでどれだけ存在感を出せるかはすごく大事になる。中盤を生かしながらもエゴを出せるか。林(大地)くん、(前田)大然、上田(綺世)くんという、それぞれ違うタイプの選手がどの試合にどう絡むかというのは個人的に興味があるな。

山口 確かに、それはあるね。俺は(酒井)宏樹って言ってあげたほうがいいのかな。

酒井 ハハハ。いや、宏樹はいいでしょ。

山口 A代表でも所属チームでもここ1年で一番パフォーマンスが良かったのが(遠藤)航。俺はポジションが同じで、ボランチの大切さがすごくよく分かるから、彼の働きは勝ち上がるためにはカギになってくるんじゃないかと。かなり期待しています。

――遠藤選手にとっては、グループリーグで敗退したリオ五輪のある意味リベンジでもありますね。

山口 そうですね。でもあの時よりも数段レベルアップしているし、見ていてもすごく変わったなと思う。
――では日本以外で、注目している国や選手は?

酒井 俺はドイツですね。どこまでいくとかそういうのは関係なく、自分がプレーしていたし、ルーツのある国でもある[編集部・注/酒井の母親はドイツ人]。選ばれているメンバーやスタッフにも友人や知り合いがいて、「今、日本に入ったぞ」と連絡が来たりもしました。親交がある人や所縁のあるチームだから、決勝トーナメントでドイツと日本の対戦が見たい。

山口 俺はダニエウ・アウベス(ブラジル)が気になるな。年齢(38歳)は他の選手と比べてかなり上だし、バルセロナの時には何個もタイトルを獲っている選手で、そういうベテランが若いチームに入って、どんな影響を与えるのかとか、どういうプレーをするか、個人的にすごく注目したい。

――日本とグループリーグで当たるメキシコはどう見ていますか? ロンドン五輪の優勝国でもあります。

山口 あの時とメンバーが違うから、なんとも言えないですよね。今のメキシコがどれだけやるのかは分からないけど、あの時のメキシコはマジで凄かった。結局あの五輪のあとにみんなヨーロッパに行っていましたからね。
――オーバーエイジのオリベ・ペラルタも強烈でしたね。またスペインにはファン・マヌエル・マタ、ジョルディ・アルバ、ダビド・デ・ヘアらがいて、準々決勝で戦ったエジプトにはモハメド・サラーがいました。改めて凄い相手でしたよね。

山口 でも、サラーとかも、いたんやって感じだよね(笑)。当時は知らなかったしね。

酒井 思い返してみて、あの時のアイツかってね(笑)
――おふたりにとってロンドン五輪の経験はどんなものでした?

酒井 チームで戦う大切さや団結力の重要性を改めて感じた大会でしたね。また自分の在り方というか、チームにとって一人ひとりの価値を感じられた。ワールドカップとか大きな大会の度に考えるんですよ、選手個々がまとまると、こんなにも大きな力が生まれるんだなって。逆にチームが上手くいかない時はこういうものが原因なんだっていう学びもあるし、試合に出ている側も出ていない側も経験したからこそ知れたものもある。それは今も生きているし、キャリアのなかでもすごく良い経験だった。

山口 俺も同じだな。サッカーってよく気持ちが大事だと言うけど、五輪の時に「ああ、こういうことか」って分かった気がする。みんなの気持ちがまとまった時にチームとして真価が発揮されるんだなと。それを知れた大会だった。
――では最後に、今回参加する日本代表にエールをお願いします。

山口 俺らはメダルに手が届かなかったけど、今回は本気でメダルを獲れるメンバーが集まっているし、しかもそんなメンバーが自国開催の大会で揃ったのは凄いタイミングだと感じる。期待は高いけど、それに応えられるはずだし、素直に頑張ってほしい。

酒井 本当にメダルを狙えるメンツだよね。俺たちも含めてロンドンに出た選手たちは全員同じ気持ちを持っていると思う、俺らが果たせなかったメダルへのあと一歩を埋めてほしいって。そして今このコロナ禍で苦しい状況に明るいニュースを届けてほしいね。

――◆――◆――

五輪を経験したふたりにとっても今回の日本代表への期待は大きいようだ。7月21日に発売されたサッカーダイジェストでは、山口と酒井の対談全編を掲載。ロンドン五輪を振り返ってもらいつつ、今大会の躍進へのヒントを訊いている。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【五輪代表PHOTO】久保も!林も!三笘も!代表戦士の輝く笑顔を厳選!

プロフィール
山口蛍 やまぐち・ほたる/1990年10月6日生まれ、三重県出身。173㌢・72㌔。箕曲WEST―C大阪U-15―C大阪U-18―C大阪―ハノーファー(GER)―C大阪―神戸。日本代表通算48試合・3得点。14年、18年と二度のワールドカップメンバーに選出されたJリーグ屈指のボランチ。ロンドン五輪では全6試合にフル出場し、攻守に奔走。中盤に不可欠な戦力だった。

酒井高徳 さかい・ごうとく/1991年3月14日生まれ、新潟県出身。176㌢・74㌔。三条SSS―レザーFCJrユース―新潟ユース―新潟―シュツットガルト(GER)―ハンブルク(GER)―神戸。日本代表通算42試合・0得点。左右をそつなくこなすSBは、ロンドン五輪では準々決勝のエジプト戦までの4試合で奮闘し、躍進に貢献。山口同様、14年、18年のワールドカップにも出場した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加