ウサギを抱く純役・大西流星!『この子は邪悪』初の本編映像が公開

ウサギを抱く純役・大西流星!『この子は邪悪』初の本編映像が公開

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2022/08/05
No image

純役・大西流星の場面写真も公開! - (C) 2022「この子は邪悪」製作委員会

南沙良主演で、なにわ男子大西流星らが共演する映画『この子は邪悪』(9月1日公開)の初となる本編映像が公開された。

『この子は邪悪』は、『嘘を愛する女』や『哀愁しんでれら』を世に送り出してきたオリジナル作品の企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017」の準グランプリ作品を映画化したもの。主人公は、かつて一家で交通事故に遭い、心に傷を負った少女・窪花(南)。ある日突然、父親が植物状態から5年ぶりに目を覚ました母親を家に連れて帰ってくるが、花は「あの人はお母さんじゃない」と違和感を覚えるストーリー。大西は花の幼なじみ・四井純を演じ、花の父・司朗役を玉木宏、母・繭子役を桜井ユキが務める。監督・脚本は『たまこちゃんとコックボー』などの片岡翔。主題歌はゲスの極み乙女が「悪夢のおまけ」を書き下ろした。

今回、純(大西)がウサギを抱いている場面写真と共に初公開された本編映像は、花(南)と純のワンシーンを切り取ったもの。父・司朗(玉木)が営む心理療法室で飼っているウサギが逃げ出し、慌てて追いかけた花の前には、ウサギを抱いている純の姿が。突然「僕と友達になってくれない?」と言う純は、5年前の事故のことを知り「僕と似てるなと思って。僕もお母さんが病気で、ずっと話すこともできないんだ」と告白する。戸惑う花だったが、純がウサギに「ちょっと、くすぐったいよ」と無邪気に笑う姿を見て、安心して微笑むというシーンだ。

約1年前の7月7日にクランクインした撮影では、35°Cを超える真夏日が続き、繊細なウサギを扱うためには温度調節が不可欠だった。しかし、物語の中心となる窪家は古い家屋だったこともあり、エアコンが設置されていなかったため、撮影現場にはスポットクーラーが多数用意され、スタッフ総出でウサギ用の環境整備が行われたという。(清水一)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加