モデル・メイベンのコレクション「虫グッズ」|だって好きだから!vol.2

モデル・メイベンのコレクション「虫グッズ」|だって好きだから!vol.2

  • GINZA
  • 更新日:2021/09/15

自分の“好き”を追い求めたら、こんなものが集まりました! みんなの心を満たす秘密のコレクションからチャーミングバスターズの頭の中をのぞいてみて。

メイベン
モデル

“オタク心をくすぐる虫グッズ”

Collections: Insect Toys

「日本に来ていちばん感動したのは、ガチャのバリエーションの多さ!フランスに住んでいた頃からアニメや漫画が大好きだったので、今は日本のオタク文化にどっぷりハマっています。そんな毎日の中、気づいたら集まっていたのが虫のおもちゃ。ガチャや一番くじで手に入れたコレクションです。好きな種類は、ムカデやセミ、そしてカブトムシ。地球外生物を彷彿とさせる形や色に無性に惹かれてしまうんです。ジュエリーをデザインする時も、虫のディテールから着想を得ることが多いですね」

No image

「祖父の別荘が山梨の山中にあって、小さい頃はセミの脱皮をずっと観察していました」。写真右下のダンゴムシは「丸まった状態でガチャで売ってます」。写真左下で右肩に乗せた虫フィギュアは珍しいアルビノ。「たまに出るレアアイテム。これを狙って日々ガチャに励んでるんです(笑)」。大きめの“虫”はベッドサイドに、その他は自宅の作業机にずらっと並べて毎日鑑賞しているそう。

MY BEST

No image

「フリマアプリで1800円でゲットしたカブトムシ。全長約30cmあって、ピカピカの光沢感とリアルに再現されたツノ、アシにぐっときます。アラートに“カブトムシ megaフィギュア” “昆虫一番くじ”と設定していて、欲しいものが出品されたら即購入!すぐに売り切れてしまうから、油断は禁物です」

チャーミングバスターズとは?

90年代のアメリカで使われたスラング。女の子がなぜか惹かれてしまう人気者の男の子のこと。ジェンダーレスな今、おしゃれでその存在が魅力的なGINZAガールズを敬意と親しみを込めてチャーミングバスターズと呼んでいます。

GINZA2021年8月号掲載

kameisahori

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加