「VIVANT」ラスボス・橋爪功の娘 実家カレンダーに「VIVANT」文字で「震えた」

「VIVANT」ラスボス・橋爪功の娘 実家カレンダーに「VIVANT」文字で「震えた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2023/09/20
No image

橋爪功

役者で歌手の橋爪渓が17日、Xを更新。父の橋爪功が同日放送のTBS系日曜劇場「VIVANT」に出演したことに触れた。

橋爪は「毎週楽しみに見ていたある日、たまたま見た実家のカレンダーに“VIVANT”と書いてあるのを見つけた時は震えました」と相当驚いたとし「ずっとずっと何処に出てくるのさ!と思っていたけど…乃木家にごめんなさいして!!」と、父の功へ訴えていた。

なお、この日は偶然にも父の誕生日でもあり「誕生日おめでとう!!」と最後に結んでいた。

橋爪功は、「VIVANT」最終回に突然登場。乃木の父であるベキの公安時代の直属の上官で、乃木家族をバルカで見捨てた張本人だった。日本に帰国したベキが、日本に潜入していたテントのモニター・新庄の助けを借り、公安から脱走し、上官に復讐しに行く…という衝撃展開だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加