松本人志 浜田雅功が目指した漫才師に心当たり「だいぶ勉強したと、俺は思う」

松本人志 浜田雅功が目指した漫才師に心当たり「だいぶ勉強したと、俺は思う」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/26
No image

ダウンタウン・松本人志(左)と浜田雅功

松本人志が25日放送のフジテレビ「人志松本の酒のツマミになる話」で、「まずお手本にした人」が話題になり、この人に憧れてお笑い始めたという存在はいるかと聞かれ、「もちろん紳助さん」と語った。

幼少時から遊び程度で漫才をしていたが、浜田雅功とはやったことがなく、NSCに入る時に「浜田の家で初めて2人で立って合わした時にボロボロで」明かした。

困惑したが、THE MANZAIの紳助・竜介のカセットテープを2人で聞き、「聞いてすぐに立ってやったら、(問題は)結局テンポのことやったんですね。このテンポを覚えちゃったら、やっぱり、すぐにできた」と振り返った。

柴田英嗣が「浜田さんって努力するんですか。天才な感じがする」と聞くと、松本は「浜田さんは努力してんのかなあ」とうなり、「たぶん浜田はカウス・ボタンさんのボタンさんじゃないかな。ボタンさんの突っ込みを、だいぶ勉強したんだと、俺は思う。見たことはないけど」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加