DeNA、中日大野雄から2シーズンぶり得点 3回桑原が先制打

DeNA、中日大野雄から2シーズンぶり得点 3回桑原が先制打

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/07

◇セ・リーグ 中日―DeNA(2021年4月6日 バンテリンD)

No image

<中・D>3回1死二塁、桑原は先制となる右前適時打を放つ(撮影・椎名 航)

DeNAは6日、中日とバンテリンドームで今季初対戦。相手先発の大野雄大に対しては、昨年全3試合25イニングで得点がなかったが、この日は3回1死二塁から、1番打者の桑原が右前に先制の適時打。19年9月8日(ナゴヤドーム)の9回にソトが2ランを放って以来、2年ぶり、28イニングぶりに左腕から得点を奪った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加