Windows 10ミニTips 第549回 Edgeの「タスクバーピン留めウィザード」とは?

Windows 10ミニTips 第549回 Edgeの「タスクバーピン留めウィザード」とは?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/10/17
No image

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

「セキュリティ保護なし」ってどんな状態?

Microsoft Edgeは、表示したWebページをタスクバーにピン留めする機能を備えているが、同機能をお使いの方は「タスクバーピン留めウィザード」の存在に気づいておられるだろうか。

タスクバーピン留めウィザードを起動すると、Webの閲覧状況に応じてタスクバーにピン留めする6つのWebサイトが列挙される。候補となるWebサイトはユーザーの閲覧状況を参照しているらしく、ほぼほぼ動画・音楽再生専用として使用している安定版Edgeでは、radiko、YouTube、Netflixが固有の候補として現れた。他方で日常的に使用しているCanary版Edgeで同機能を試したところ、多様なWebサイトが候補に上った。

続いてMicrosoftが推奨するWebサイトが候補として並ぶ。執筆時点ではOffice 365、Microsoftニュース、最近改称したMicrosoft Bingの3サイト。一種のコマーシャルと捉えて構わないだろう。

タスクバーにピン留めしたWebサイトは、Edgeの実行ファイルに対して引数からURLを指定した特殊なファイルである。「%AppData%\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch\User Pinned\TaskBar」フォルダー内ではなく、別の場所にファイル情報を格納しているようだ。

ピン留めしたアイコンをクリック/タップすると、起動済みEdgeの新しいタブでWebページが開く。現時点では表示領域が限られたタスクバーよりも、Edgeのお気に入りバーに登録した方が使いやすそうだ。なお、筆者の環境では未確認だが、Canary版Edgeはいよいよスタートメニューへのピン留め機能を搭載する。

著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年生まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsとLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。ご連絡は以下のサイト内設置したフォームからお願いいたします。https://www.cactus.ne.jp/ この著者の記事一覧はこちら

阿久津良和

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加