米大統領選の勝敗覆そうとするトランプ氏は「無責任」、バイデン氏

米大統領選の勝敗覆そうとするトランプ氏は「無責任」、バイデン氏

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/11/20
No image

米国のドナルド・トランプ大統領(左)と民主党のジョー・バイデン前副大統領(2020年10月30日作成)。

【AFP=時事】米大統領選で勝利を確実にしたジョー・バイデン前副大統領は20日、臆面もなく民主主義を損なっているとして、大統領選の結果を覆そうとするドナルド・トランプ大統領を非難した。

バイデン氏は地元デラウェア州で記者団に対し、トランプ氏は民主主義のあり方について、信じられないほど有害なメッセージを世界の国々に送っていると語った。

さらに、大統領選でバイデン氏が15万5000票差で勝利を確実にしたミシガン州の当局者にトランプ氏が電話をかけたことについて問われると、「米国史上最も無責任な大統領の一人として、トランプ氏の名を歴史に残す出来事だ」と述べた。

バイデン氏は、「トランプ氏がこれまでも勝っておらず、これからも勝つこともできないと自覚していると確信している。来年1月20日に大統領の就任式を執り行うのはわれわれだ」と述べた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加