“ビーチバレーの至宝”坂口佳穂、「小麦色の極上ボディ」がまぶしすぎる...!

“ビーチバレーの至宝”坂口佳穂、「小麦色の極上ボディ」がまぶしすぎる...!

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2020/09/15
No image

待望の大会出場にヤル気満々!

女子ビーチバレー選手、坂口佳穂(24歳、マイナビ所属)が9月11日、自身のインスタグラム(@s_ka_ho)を更新。チーム「CARINO DENA」のペア、村上礼華とのツーショット写真を公開した。

新型コロナウイルスの影響で、本来ならメインシーズンとなる7月、8月に大会の延期が相次いでいたビーチバレーボール界。そのため、東京五輪出場も有力視されていた坂口も、出口の見えない中、ひたすら練習に励む日々を続けていた。

No image

写真:坂口佳穂公式インスタグラムより引用

ところが、ようやく9月19、20日に千葉の稲毛海浜公園にて開催される「ジャパン・ビーチゲームズフェスティバル千葉2020 ビーチバレー市長杯」への参加が決定したのである。

待望の大会出場とあって、坂口も練習の成果が発揮できると、やる気十分の様子だ。自身のブログでも、改めてバレーボールについて

「どんなスポーツも仕事も奥が深いし、探究心、追求心があるからこそたくさんの過程があって、目標や目的があってもゴールはない気がします、だから面白い」

とコメントし、闘志を滲ませていた。

【坂口佳穂のフォトギャラリーはこちら!】

思わず見とれてしまう「肉体美」

そこで今回の写真投稿である。ビーチバレーにとって、個々人の能力はもちろん、パートナーとの仲も必要不可欠。「#見つめあいシリーズ」というハッシュタグが示す通り、坂口と村上との仲の良さが写真からも伝わってくるよう。

さらに注目したいのが、2人の「肉体美」だ。

自粛期間中にも室内でのトレーニングを欠かさず、また猛暑に見舞われた今年の夏も、炎天下のなか過酷な練習に励んでいた坂口。小麦色に焼けた肌と鍛え抜かれた肉体がそれを示している。

No image

写真:坂口佳穂公式インスタグラムより引用

もちろん、投稿された写真には多くのファンからコメントが寄せられた。

“ビーチの妖精”の愛称通り、「笑顔に癒やされる」「美女、発見!」といったコメントのほか、「ウエスト細っ」「体のラインが綺麗すぎる」「ボディを見つめてしまう」と、その肉体美を絶賛するコメントも多数寄せられた。

いよいよ今週末の出場を控える坂口。どんなプレーをギャラリーに魅せてくれるのか、今から楽しみだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加