鶴瓶、オセロ松嶋から「老害」の意味教わる まさかのやり取りに「20年違うねんで、会社の先輩やで!」

鶴瓶、オセロ松嶋から「老害」の意味教わる まさかのやり取りに「20年違うねんで、会社の先輩やで!」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

落語家の笑福亭鶴瓶(68)が22日、ニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」(日曜後4・00)に生出演し「老害」について語る場面があった。

No image

落語家の笑福亭鶴瓶

鶴瓶は「この前『老害』の話されたんですよ。そんな人おんねんね、初めて知ったんですよ、老人の害と書いてね。オセロの松嶋(尚美)が俺にね『老害ないなあ』って。何のことかなって思ったら『言うてたんやみんなで、鶴瓶さんは老害ないわって』」と振り返る。

「松嶋が『年いったら大体みんな怒るやろ?みんなでその話してたんやけど、鶴瓶さんは老害ないわ』」、これに鶴瓶は「その場で老害なろか思うたわ!(松嶋と年齢が)20年違うねんで、会社の先輩やで!」と笑わせた。

フリーアナウンサーの上柳昌彦(63)が「老害がないからこそ、いろんな若手の方が、周りに寄って来るってことなんでしょうか。(鶴瓶が)ピリつくとかあんまり、ないですもんね」とフォローすると「弟子もないね。ピリつけへん、ホンマに、腹立つなあ!」と人柄の良さをにじませていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加