広島・床田が一発に泣く...二回に3ラン被弾 佐々岡監督も「あの一発だけだった」

広島・床田が一発に泣く...二回に3ラン被弾 佐々岡監督も「あの一発だけだった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

2回表中日1死一、二塁、中日・木下拓(左奥)に勝ち越し3ランを浴びる広島・床田寛樹=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)

「中日8-6広島」(16日、マツダスタジアム)

広島の床田寛樹投手が一発に泣いて7敗目を喫した。

1点を失い1-1で迎えた二回1死一、二塁だ。木下拓にツーシームを捉えられ左越え3ランを浴びた。三回以降は立ち直り六回まで投げ抜いただけに防ぎたかった失点だった。

左腕は「外角を狙ったツーシームがスライダーのようになって真ん中に入ってしまった」と悔しさをにじませた。

佐々岡監督は「もったいない。良い感じで(立ち上がりを)入って投げていただけに。あの一発だけだった」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加