オリックス “ラオウ”杉本のタイムリーで同点に

オリックス “ラオウ”杉本のタイムリーで同点に

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/25
No image

4回、適時打を放つ杉本(撮影・棚橋慶太)

「日本シリーズ・第5戦、ヤクルト-オリックス」(25日、東京ドーム)

1点を追うオリックスは四回2死から吉田正が右翼線への二塁打で出塁すると、杉本はフルカウントからの原の変化球を中前にはじき返す適時打で同点に追いついた。

「打ったのはスライダーです。なんとか(吉田)正尚をかえすことだけ考えて打席に入っていました。振りすぎないように意識していましたし、いいところに飛んでくれました!」

その裏、村上に本塁打を打たれ、再びリードを許した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加