ツインズ前田2度目のブルペン入り「感触良かった」

ツインズ前田2度目のブルペン入り「感触良かった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

ツインズ前田健太

ツインズ前田健太投手(32)が21日(日本時間22日)、フロリダ州フォートマイヤーズのキャンプ地で2度目のブルペン投球を行った。球数は33球。「本格的にというか力入れて投げたのは今日が初めてっていう感じなので、ユニホームを着てきちんと投げたのも最初ですし、ある程度、しっかり力を入れることができました。感触としては良かった」と振り返った。

ドジャースからツ軍に移籍した昨年は6勝1敗、防御率2・70の好成績を収め、今季が移籍2年目。心境の変化について、「チームの中心となって、やっていけるようにしたいというのは、アメリカに来て初めて思いました」と明かし、「ドジャースでは自分がチームの中心でって思える成績も残せなかったですし、環境ではなかった。ツインズに来て、環境が変わっていい1年になったので、なんとか中心になってチームの優勝に貢献できればと思います」と自覚を口にした。

また、食事についてはキャンプ地入りして約1週間で「もう4回くらい鍋食べました」と明かした。具材は鶏肉と野菜が中心で、自炊生活も充実している様子。「コロナという状況でなかなか外食できない生活にも、ある程度、フロリダという場所にも慣れたので、去年よりストレスなく過ごすことができてます」と笑顔を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加