【横浜vsSR渋谷】ホーム開幕戦を迎える横浜、前節連勝のいい流れを維持できるか

【横浜vsSR渋谷】ホーム開幕戦を迎える横浜、前節連勝のいい流れを維持できるか

  • バスケットボールキング
  • 更新日:2021/10/14
No image

■横浜ビー・コルセアーズ vs サンロッカーズ渋谷(@横浜国際プール)
第1戦:10月16日15時5分 第2戦:10月17日14時5分

横浜ビー・コルセアーズが第3節にしてようやくホーム開幕を迎える。開幕節は連敗に終わったものの、前節は信州ブレイブウォリアーズを相手に連勝。第1戦は第2クォーターの10失点が功を奏して9点差で制し、第2戦は逆に第2クォーターに10得点に抑えこまれたところから盛り返し、4点差で競り勝った。森川正明が第1戦で14得点、第2戦で20得点と存在感を発揮し、今季は押しも押されもせぬ日本人エースとしてチームのオフェンスの重要な一角を担いそうだ。

対照的に開幕から2節連続ホームのサンロッカーズ渋谷は、秋田ノーザンハピネッツとの第1戦に勝利して開幕3連勝となったが、第2戦は秋田のプレッシャーに圧され、32点の大差をつけられて敗れた。第1戦では相手に22ターンオーバーを犯させ、第2戦は自らが26ターンオーバー。ライアン・ケリーが戦線離脱した影響もあったとはいえ、試合によってチーム全体のパフォーマンスに大きな差が生じる点は改善を要する。

開幕からの4試合を見る限り、SR渋谷は昨シーズンまでの課題であったファウルを減らしているが、そのぶんペイントエリアに簡単に侵入されるケースが目立ち、開幕3連勝中も35失点を喫したクォーターが2回あった。SR渋谷に相性の良い横浜としてはオフェンスで優位に立ちたいところ。ここまでは森川に加えてパトリック・アウダにも安定感があり、特にアウダの得点が20点以上まで伸びると横浜は勝利に大きく近づくだろう。

文=吉川哲彦

■ロスター
・横浜(HC:青木勇人)
パトリック・アウダ
レイトン・ハモンズ
ジェイコブス晶 ※特別指定
レジナルド・ベクトン
古牧昌也
森川正明
大庭岳輝
土屋アリスター時生
森井健太
須藤昂矢
エドワード・モリス
生原秀将

・SR渋谷(HC:伊佐勉)
関野剛平
高橋耕陽
ベンドラメ礼生
西野曜
ジェームズ・マイケル・マカドゥ
渡辺竜之佑
マックスヒサタケ
広瀬健太
石井講祐
ライアン・ケリー ※インジュアリーリスト
盛實海翔
ジョシュ・ハレルソン
田渡修人

バスケットボールキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加