北の富士氏が正代の陥落予想を的中も「気持ちのいいもんじゃないね」 稽古不足も指摘した

北の富士氏が正代の陥落予想を的中も「気持ちのいいもんじゃないね」 稽古不足も指摘した

  • 日刊スポーツ(バトル)
  • 更新日:2022/11/25
No image

押し出しで玉鷲に敗れ、土俵下で肩を落とす正代(撮影・岩下翔太)

<大相撲九州場所>◇13日目◇25日◇福岡国際センター

NHK大相撲中継の解説を務めた元横綱の北の富士勝昭氏(80)は、かど番の大関正代が玉鷲に敗れて負け越し、大関からの陥落が決まると「う~ん。予想が当たって負け越しが決まると、気持ちのいいもんじゃないね」と声を落とした。

正代は在位13場所で皆勤での負け越しは5度を数え、2桁勝利は2度だけ。先場所は4勝止まりで、今場所は8日目から3連敗するなど元気がなかった。

北の富士氏は、正代が力なく土俵を降りると「全然この相撲が直ってこないもんね。矯正する…。直すものは直さないと。それぐらいの力はあるはずなんだけど。普段の稽古がね、足らなかったんですよ。だんだん力が、本来持っている力がなくなってきている」と残念そうだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加