香水を活用して恋愛を成就させよう!おすすめの香りや使用方法とは?

香水を活用して恋愛を成就させよう!おすすめの香りや使用方法とは?

  • ハウコレ
  • 更新日:2020/10/18
No image

香水は目に見えないオシャレといっても過言ではありません。多種多様な香りの中から、シーンや場所、そして自分に合ったものを見つけることで、多くの人を惹きつけるだけではなく、既存の魅力を格段に引き上げてくれるといえるでしょう。

また、気になる体臭をカバーしたり、いつもの雰囲気を気軽に変えられたりなど、香水のメリットはさまざまです。

しかし、使い方を誤れば悪印象につながり、いいチャンスを逃してしまう可能性も。

今回は、恋愛に効果的な香りや正しい使用方法などを紹介していきます。

ローズの香り

ローズの香りは「女性らしい」「品がいい」などの華やかな印象を演出してくれます。また、美容・リラックス効果も得られるといわれています。上手に活用することによって、いい恋愛を引き寄せてくれる最高のアイテムとなるでしょう。

古代エジプトの女王クレオパトラは、ローズの香りを好んで使用していたとされています。古くから親しまれてきたローズは、いろんな人を虜にしてしまう魅惑的な何かが隠れているのかもしれません。

以上のことから、素敵な出会いを求める方にとって、おすすめの香りといえるでしょう。ただし、つけすぎると「おばさんっぽい」と思われる可能性があるので注意してください。

石けん・シャンプーの香り

恋愛におすすめなアイテムのひとつとして、石けんやシャンプーの香りが挙げられます。なぜなら「爽やか」「清潔感」などのナチュラルな印象を相手に与えてくれるからです。

また、嫌みのないシンプルな香りであることから、多少つけすぎても悪い印象を与えません。香水に不慣れや苦手意識のある方でも、気軽に試せる香りだといえます。

多くの人に自然な香りという認識を与えますので、香水嫌いな人であっても受け入れやすいでしょう。

シーン別で香水を使い分ける

香水は濃度別に「パルファム」「オードパルファム」「オード・トワレ」「オーデ・コロン」といった4つの種類に分けられます。濃度によって持続時間が大きく異なることから、場所や状況に応じて使い分けることが重要だとされています。

香水は誰の目にも見えないものです。だからこそ、使い方ひとつで好印象どころか不快感を与える可能性があります。

自分に合う香りだからといって、いい加減な使用はNG。デート前には、正しい使用方法を調べてみることがおすすめです。

清潔な状態で

香水の使い方はさまざまですが、基本となるマナーは確実に把握しておきましょう。汗をかいた・汚れている、などの清潔ではない身体への使用は、悪臭につながる可能性があります。体臭と混ざり合い、本来の香りをまとえないほか、多くの人に不快感を与えることとなるでしょう。

香水は、正しく使用することによって香りの効果が最大限に発揮されます。そして、自分の魅力をより際立たせてくれるアイテムへとなるのです。

しかし、清潔な身体に使用しなければ意味がありません。いくらつける量に気をつけていても、悪印象を与えるでしょう。

まとめ

香水は、さまざまな人の心身を癒やし、自分の美意識や気分などを上げてくれる効果があります。また、オシャレ度アップの演出から、好印象に導くサポートまでしっかり果たしてくれます。

自分に最適ないい香りを選ぶことで、いつもよりもワンランク上を目指せるといえるでしょう。

しかし、使い方や香りの濃さによって、悪印象つながる場合があります。効果を最大限発揮させたいのであれば、第三者の意見を参考にしたり、正しい使用方法を理解したりするといいでしょう。

(ハウコレ編集部)

ハウコレ編集部.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加