「大変なローコストで最高の補強かも」八村塁のレイカーズ移籍に欧州メディアも太鼓判!「絶対的にポジティブなトレード」と評価

「大変なローコストで最高の補強かも」八村塁のレイカーズ移籍に欧州メディアも太鼓判!「絶対的にポジティブなトレード」と評価

  • THE DIGEST
  • 更新日:2023/01/25
No image

1月23日、八村塁のワシントン・ウィザーズからロサンゼルス・レイカーズへのトレードが決まった。レブロン・ジェームズらビッグスターを擁するレイカーズで、八村がどのようなキャリアの第2章をスタートさせるのか注目されている。

【動画】レイカーズが作成した八村塁のハイライト2月のトレード期限まで日にちがある中での名門の補強は、欧州メディアの関心も引き付けている。イタリア・メディア『Fanpage』は24日、八村のトレードを伝える中で「間違いなく推し進められるべきトレード」と評している。

今季、ウィザーズで30試合に出場し、平均13.0点、4.3リバウンド、1.2アシストを記録している八村。21日のオーランド・マジック戦で自己最多タイの30得点をあげたばかりの日本の至宝は、ケンドリック・ナンとドラフト2巡目指名権3つと引き換えにレイカーズに加わった。

『Fanpage』は、八村がレイカーズの現ロスターに欠けているウイングのサイズやペリメーターショットの脅威をもたらすことができると分析。昨季から今季までの八村がキャッチ&シュートの3ポイントで高い成功率(約41%)を有していると紹介している。

「ジェームズやアンソニー・デイビスと並ぶさらなる武器であり、スモールラインナップや、ジェームズをポイントガードとしてデイビスやトーマス・ブライアントと一緒にプレーできる可能性もある」

同メディアは、レイカーズにとって今回の取引は「絶対的にポジティブなトレード」と続けた。

「すぐにインパクトを残せ、だがロスターの未来を築くうえでも考慮に値する選手の獲得。選手の年齢、長期の充実契約を手に入れようという意欲、引き換えにした犠牲の小ささから、レイカーズにとって間違いなく推し進められるべきトレードだ」

さらに、八村について「フィジカル面の理由やウィザーズ時代のコート外での出来事で継続性を欠いたものの、成長の余地が大きい選手」と評価。「守備は完璧からほど遠く、相手陣内で味方と絡まない傾向がある」としつつ、掘り出し物になる可能性を秘めていると報じた。

「大変なローコストで最高の補強となるかもしれない」

24日のクリッパーズ戦で115-133と敗れたレイカーズは、25日にホームでサンアントニオ・スパーズと対戦。八村のデビューが期待される。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】「NBAを揺るがした」八村塁のトレードが米メディアを席巻!名門加入はメリット大と断言「レブロンらに次ぐ大きな存在になる」

【関連記事】「ハチムラを歓迎する」八村塁のトレードを米バスケ界のレジェンドも好評価! 期待込めた“金言”も「アグレッシブにプレーせよ」【NBA】

【関連記事】「くそったれ!」「冗談だと言ってよ」八村塁がレイカーズに電撃移籍!ウィザーズのファンからは怒りの声止まず【NBA】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加