静岡県内は大雨で災害の危険性高まる 今夜いっぱい警戒を

静岡県内は大雨で災害の危険性高まる 今夜いっぱい警戒を

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2022/09/23
No image

2022/09/23 23:07 ウェザーニュース

台風15号の北上に伴い、静岡県内では激しい雨が続いています。土砂災害や河川氾濫の危険性が非常に高く、今夜は最大限の警戒が必要です。

浜松市に緊急安全確保

No image

台風の北側に広がる活発な雨雲が静岡県を通過し、各地に激しい雨を降らせています。

静岡県内には記録的短時間大雨情報が相次いで発表され、静岡市では22時30分までの3時間で183.5mmを観測しました。

土砂災害の危険度分布を見ると、静岡県の広範囲が「危険」を示す紫色の領域になっており、いつ土砂災害が発生してもおかしくない状況です。また、菊川などには氾濫危険情報が発表され、河川の氾濫の危険性も高まっています。

浜松市では河川の氾濫が発生したとして、22時10分に緊急安全確保が発令されました。今夜遅くから明日24日(土)の未明にかけて雨の強まりやすい状況が続く見込みです。

すでに各地で道路冠水や低地の浸水が発生するなど、避難をするには危険な状況になっています。今夜は室内のできるだけ安全な場所で過ごすようにしてください。また、川や崖の様子を見に行くのは絶対に避けてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加