背負って回そう! ガチャマシンそっくりバックパック「しょいガチャ」

背負って回そう! ガチャマシンそっくりバックパック「しょいガチャ」

  • アニメージュプラス
  • 更新日:2023/01/25
No image

ガチャマシンをモチーフにしたバックパック「しょいガチャ –Showy Gacha-」が登場。タカラトミーアーツのECサイト「e組(いーぐみ)」にて受注生産となる。予約受付期間は2023年1月25日(水)12:00から2月26日(日)23:59。カプセルトイ(ガチャ)の魅力を伝える「レッツプレイガチャ(R)プロジェクト」のオフィシャルグッズ第2弾だ。

カプセルトイは、1965年2月17日にペニイ商会(現・ペニイ)によってアメリカから輸入された。
タカラトミーアーツの前身となるユージンが設立されカプセルトイ事業に参入したのは1988年で、以来30年以上カプセル自販機(ガチャマシン)と中の玩具を企画製造販売している。タカラトミーアーツのカプセルトイブランドは「ガチャ(R)」の商標で親しまれており、現在は毎月約30~40種類、年間400種類以上の新商品を発売し、老若男女問わず多くのファンがいる。

ちなみに「ガチャ(R)」はタカラトミーアーツの登録商標、「ガシャポン」はバンダイの登録商標である。一般名詞としてカプセルトイを指す場合は「ガチャガチャ」が使われる場合が多い。

タカラトミーアーツでは2022年12月より「レッツプレイガチャ(R)プロジェクト」をスタート。プロジェクト第1弾では、オフィシャルグッズとして「ガチャ(R)Tシャツ」を受注販売した。
今回発表する第2弾のオフィシャルグッズは、同社のガチャマシン「ガチャ2Ez(イージー)」をモチーフにしたバックパック「しょいガチャ –Showy Gacha–」。ガチャマシンの形状を各部で再現したバックパックで、本体の透明窓には本物のガチャマシンのようにイラストや写真を飾ったりお気に入りのアイテムを入れたりして自由にディスプレイすることができる。またガチャマシン特有のハンドルを回すギミックを搭載。ガチャマシンと同じカチカチとした感触を楽しみながら、実際に回すことができる(※カプセルは出てこない)。
さらに、空のガチャカプセル10個が付属するので、小物入れにしたり好きなアイテムを入れて飾るなど、アイデア次第で様々な楽しみ方ができる。

現在、カプセルトイ業界には数十社が参入しているが、カプセルトイを販売する筐体まで手がけている会社は少ない。代表的なところではタカラトミーアーツとバンダイが上げられる。
「しょいガチャ –Showy Gacha–」は、自社でカプセルトイそのものと筐体を手がけるタカラトミーアーツならではのアイテムと言えるだろう。

「しょいガチャ –Showy Gacha–」は、2023年1月25日(水)12:00より、タカラトミーアーツのECサイト「e組」で受注生産・販売。商品の発送は7月の予定だ。
お気に入りのアイテムを入れたガチャマシンを背負って、ガチャを回しに出かけてみよう!

>>>「しょいガチャ –Showy Gacha–」各部のデザインや背負ったイメージを見る(画像14点)

(C)T-ARTS ※「ガチャ(R)」は株式会社タカラトミーアーツの登録商標です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加