C・ロナウド欠場問題...韓国裁判所、親善試合主催者にさらなる賠償命令

C・ロナウド欠場問題...韓国裁判所、親善試合主催者にさらなる賠償命令

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/11/21
No image

Kリーグ選抜とのプレシーズンマッチを欠場したクリスティアーノ・ロナウド [写真]=Getty Images

ソウル中央地裁は、昨年7月に行われたKリーグ選抜とユヴェントスの親善試合を主催した「Fasta」社にさらなる賠償金を支払うよう命じたようだ。20日、アメリカメディア『FOX SPORTS』が報じている。

ユヴェントスは昨年7月、韓国でKリーグ選抜とのプレシーズンマッチを行った。6万5000枚のチケットは3万ウォンから40万ウォン(約2800円から3万7000円)で販売され、3分足らずで完売したという。試合を主催した「Fasta」社は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの出場を約束する広告を出していたこともあり、注目の集まる試合となった。

クリスティアーノ・ロナウドはこの試合に45分間は出場すると伝えられていたようだが、最終的に出場することはなかった。そのため、同選手がプレーする姿を期待していたファンからは不満が爆発し、試合を主催した「Fasta」社を訴えていた。

ソウル中央地裁は訴えを認め、「Fasta」社に対し、精神的苦痛を受けたとされる原告162名のチケットの半額の返金と追加で5万ウォン(約4700円)の賠償金の支払いを命じたようだ。「Fasta」社は今年2月、他の地区の裁判所から、虚偽の広告を訴えていたファン2名に対し37万1000ウォン(約3万4000円)の賠償金を支払うよう命じられていたが、今回の判決はそれに続くものとなった。

なお、クリスティアーノ・ロナウドやユヴェントスに対する賠償は命じられていない。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加