竿燈の技と美しさ競う 「竿燈妙技大会」決勝 /秋田

竿燈の技と美しさ競う 「竿燈妙技大会」決勝 /秋田

  • 秋田朝日放送
  • 更新日:2022/08/06
No image

秋田朝日放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

秋田の竿灯まつりは最終日の6日、竿燈の竿を上げる技術や美しさを競う妙技大会の決勝が秋田市で行われました。

日中に行われることから「昼竿燈」とも呼ばれる竿燈妙技大会は、差し手やお囃子の継承・育成を目指して行われています。妙技の審査では、力強く大地に根を張った稲穂のように動かずどっしりと演技していることなどが評価されます。自由演技では重さ50kgの竿燈に次々と継竹(つぎたけ)をして竿を高くしていきます。観客は風を読み絶妙なバランスで竿燈を上げる差し手たちの技に魅了されていました。中には平和のメッセージを込めて提灯の中からハトを出す演出をする町内もありました。

(秋田市竿燈会・加賀屋会長)

「出演団体は、最終日も素晴らしい演技をしてくれると思います。」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加