2週間天気 28日まで冬型の気圧配置 30日~1日は前線通過 雨や風の強まる所も

2週間天気 28日まで冬型の気圧配置 30日~1日は前線通過 雨や風の強まる所も

  • tenki.jp
  • 更新日:2021/11/25
No image

この先、28日にかけても冬型の気圧配置。日本海側は雨や雪で、晴れる太平洋側も風が冷たい。広範囲で天気が崩れるのは30日後半から12月1日。本降りの雨となり、南風の強まる所も。

1週目:26日(金)から12月2日(木)

この先、28日にかけても冬型の気圧配置が続きます。
北海道は断続的に雪が降るでしょう。風の向きが、西よりから次第に北よりに変わるため、現時点で雪があまり降っていない所も、雪が積もってくる可能性があります。ふぶく所もあるでしょう。東北や北陸は雨や雪で、山沿いを中心に積雪や路面凍結に注意が必要です。近畿北部や山陰も曇りや雨で、山沿いは雪のまじる所もあるでしょう。関東から西の太平洋側や九州、沖縄は晴れますが、ヒンヤリした北よりの風がときおり強まります。
29日は高気圧に覆われて、多くの所で晴れる見込み。風も収まるでしょう。その分、朝晩は放射冷却が強まります。関東以西も内陸を中心に霜が降りたり氷が張ったりするほど冷えるでしょう。
30日の後半から1日にかけては、前線や低気圧が通過するため雨の範囲が西から東、北へと移っていきます。南から暖かく湿った空気が流れ込み、太平洋側ほど大気の状態が不安定に。雷を伴って雨脚が強まる所もありそうです。低気圧の発達の度合いなどによっては北日本を中心に南風も強まり、横なぐりの雨になるでしょう。

2週目:3日(金)から8日(水)

No image

前線や低気圧が離れたあと、日本付近は再び冬型の気圧配置に。
北陸から北では日本海側を中心に雨や雪が降り、近畿北部や山陰、九州北部にも雪雲や雨雲のかかることがありそうです。
一方、関東からの太平洋側は晴れる日が多いでしょう。
気温は、上がったり下がったりで、特に、4日から6日頃は、気温の変動が大きくなりそうです。体調を崩さないよう、服装選びは慎重になさってください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加