W杯で販売できなくなった山積みのビール。困ったバドワイザー。その行方は?

W杯で販売できなくなった山積みのビール。困ったバドワイザー。その行方は?

  • ハフポスト日本版
  • 更新日:2022/11/25
No image

イメージ画像

関連記事>>カタール・ワールドカップ、なぜ批判されているのか? 懸念される人権問題を解説

11月20日からカタールで開催されているサッカーワールドカップ。大会を主催するFIFAが開幕2日前に突如、スタジアム周辺でのビールの販売を中止することを発表した

この決定を受け、困ったのは大会のオフィシャルスポンサーであるバドワイザーだ。

「ビールは優勝国へ。手にするのは誰?」

バドワイザーは対応に追われた結果、公式Twitterに山積みになったビールの写真とともに「ビールは優勝国へ。手にするのは誰?」と投稿した。

大量のビールは優勝国に贈られる見通しだ。

New Day, New Tweet. Winning Country gets the Buds. Who will get them? pic.twitter.com/Vv2YFxIZa1
— Budweiser (@Budweiser)
November 19, 2022
from Twitter

Fox Newsによると、今大会はアルコール規制のあるイスラム教国での初めての開催で、カタールでは観光客が許可されたホテルやレストラン内でのみアルコールを取り扱うことができる。

またCNNによると、バドワイザーなどのビールのブランドを所有するアンハイザー・ブッシュ・インベブは7500万ドル(約100億円)を投じてFIFAのスポンサー契約を獲得したとされ、スタジアムでの販売中止は宣伝戦略にとって痛手となった。

「1日3時間飲めなくても生きていける」

No image

ジャンニ・インファンティーノ会長=2022年11月19日、カタール・ナショナル・コンベンション・センター

FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は11月19日の記者会見で「1日3時間ビールを飲めなくても生きていける」「実際にはフランス、スペイン、ポルトガル、スコットランドで同じ規則が適用されているため、現在スタジアムでのビールの持ち込みは許可されていない」と述べた

いずれにせよ、大量のビールは無駄になることなく、大会の優勝国に贈呈される見通しだ。ビールを手にする国はどこになるのか、大会の行方から目が離せない。

Haruka Watanabe

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加