ファイザーのワクチン効果 来月末までに判明か

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/09/15

新型コロナウイルスのワクチン開発について、アメリカ・ファイザー社のCEO(最高経営責任者)は「10月中にワクチンの効果について結論を出せる可能性が高い」と発言しました。

ファイザー社のアルバート・ブーラCEOは、CBSのインタビューで「ワクチンの候補が効果的かどうかについて、10月末までに分かる可能性が60%以上ある」と述べました。3万人を対象に行っていた治験は今週にも終了し、今後HIV(エイズウイルス)患者など多様な疾患を持つ人にも治験の対象を広げ、安全性などについて確認するということです。ワクチンの供給時期については、「FDA(アメリカ食品医薬品局)がいつ承認するかによる」としながらも、すでに数十万回分のワクチンを製造していることも明かしました。

新型コロナのワクチン 4000万回分以上を確保へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加