佳苗るか、タイトすぎる競泳水着にドキドキ? 「ピチピチすぎて...」

佳苗るか、タイトすぎる競泳水着にドキドキ? 「ピチピチすぎて...」

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/01/14
No image

セクシー女優が多数所属する芸能プロダクション「T-POWERS」所属の佳苗るかが、12月に開催された競泳水着ブランド『REALISE』とその姉妹ブランド『POOLSIDER』のコラボセッション撮影会に登場。

キュートな笑顔でファンたちを魅了した。

画像をもっと見る

■「いつもと違う感じ!」

No image

今回の撮影会を企画したのはイベント会社のLivridge。これまで主にボンテージランジェリーブランド「パルフェット」の衣装を使い、コスプレイヤーやモデルの撮影会を企画してきた。

前回の撮影会ではフリフリな下着系コスチューム「レースリミテーション」を着用していた佳苗。

今回は印象がガラリと異なる競泳水着がテーマだったが、どの衣装も華麗に着こなしており、「いつもと違う感じの衣装で楽しいですよ!」とコメント。

「これまでスクール水着は着る機会がすごく多かったので、よりスポーティーな競泳水着と聞いたとき『似合うかなあ…』とちょっと心配に。でもファンのみんながすごく褒めてくれたので嬉しかったです!」とにっこり笑顔を見せた。

関連記事:波多野結衣、滅多に着ない競泳水着に大満足 「フィット感すごくて胸が溢れそう…」

■ピチピチすぎて…

No image

この日は複数のコスチュームを着用したが、取材時着用していたのは、ハイネックの競泳。「ピチピチすぎて、汗かいちゃうほどタイトなんですコレ。なのでいいダイエットになるかも(笑)」と佳苗はそのフィット感に大満足の様子。

「帽子とかいろいろな小物を持ってきてくれるファンの方もいて、それを使っていろいろなバリエーションで撮影できました」と撮影会を楽しんでいた。

■写真ギャラリー

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

■コスホリで再会

No image

また、2021年の活動予定はまだ未定だが、「コロナがおさまるといいなあと思っています!」とコメント。

この日撮影した写真は本人にとってもお気に入りになったようで、即日インスタやツイッターに写真を掲載していた。

・合わせて読みたい→波多野結衣、滅多に着ない競泳水着に大満足 「フィット感すごくて胸が溢れそう…」

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加