【超RIZIN】朝倉未来、メイウェザーに対抗?3時間近い大遅刻 レジェンドの公開練習は「太鼓の達人」

【超RIZIN】朝倉未来、メイウェザーに対抗?3時間近い大遅刻 レジェンドの公開練習は「太鼓の達人」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

総合格闘技イベント「超(スーパー)RIZIN」(25日、さいたまスーパーアリーナ)の出場選手インタビューは23日、東京都内のホテルで行われ、朝倉未来(30=トライフォース赤坂)がフロイド・メイウェザー(45=米国)とのエキシビションマッチに向けて意気込みを語った。

No image

朝倉未来は左手でファイティングポーズ

朝倉未来ってどんな人?略歴、トリビアも!

試合はボクシングに準じたルールの3分3ラウンド、契約体重のないフリーウエート制で判定はなく、勝敗が決するのはKOのみとなる。前日はメイウェザーが公開練習に1時間以上遅刻。それに対抗した訳ではないだろが、朝倉は11時10分スタート予定が姿を現したのは午後1時58分と3時間近くも遅刻。理由を問われると、「スケジュール管理不足で練習してました」と説明した。

前日のメイウェザーの公開練習については「見ました、見ました」と即答。感想を問われると、「太鼓の達人みたい」とチクリ。どちらかと言えば、トレーナーの方がすごい。ただ、努力家だし、臆病な性格だと思うので練習はしていると思う」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加