オジュウチョウサン中山大障害回避 左前脚に痛み

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/20

J・G1・7勝のオジュウチョウサン(牡9歳、美浦・和田郎)が脚部の故障で、中山大障害(12月26日・中山)を回避することになった。14日の京都ジャンプSで3着に敗れ、障害重賞の連勝記録が13でストップした。

和田郎師は「レース中に左前脚をひねったようです。レース直後は何ともなかったのですが、時間がたつにつれて痛みが出てきました。今後はしっかり治療して春に備えたいです」と説明。18日に千葉県の和田牧場へ放牧に出ており、今後は6連覇の懸かる来年の中山グランドJ(4月18日・中山)を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加