「嵐にしやがれ」後番組は櫻井翔が単独MC 冠番組もグループからソロへ

「嵐にしやがれ」後番組は櫻井翔が単独MC 冠番組もグループからソロへ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

「嵐にしやがれ」の後番組として、櫻井翔の冠番組「1億3000万人のSHOWチャンネル」が来年1月にスタートする

来年1月からの新番組として、嵐・櫻井翔(38)がMCを務める日本テレビ系「1億3000万人のSHOWチャンネル」(土曜、後9・00)がスタートすることが16日、分かった。今年いっぱいでグループが活動休止することに伴い、冠番組「嵐にしやがれ」(日テレ系)が年内終了。同枠の後番組を、櫻井が単独で担うことになった。

2010年から親しまれてきた「-しやがれ」が幕を閉じ、来年からは櫻井が土曜の夜9時の顔になる。

新たな試みのエンターテインメント番組で、芸能人から一般人まで老若男女1億3000万人が胸に秘めている「やってみたい」「見てみたい」アイデアを広く募集し、“櫻井局長”のもとそれを実行していく。時には局長自ら企画を発信することもあるという。「news zero」など数々の番組でキャスターやMCを務め、番組をけん引する実績は十分だ。

「-しやがれ」は、10年4月の放送開始から今年9月26日までの通算440回で、平均視聴率が個人視聴率7・1%、世帯視聴率11・8%と高い支持を得た。これまで5人で務め上げてきた枠を単独で担うことになり「1人で背負うという大役を務める運びとなり、正直驚いています」と櫻井。後継する新番組に「1週間の疲れを癒やす和やかな空気をお届け出来たらと思います」と意気込みを語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加