「ワイスピ」東京育ちのアンナ サワイ演じる新ファミリー、エルの本編映像

「ワイスピ」東京育ちのアンナ サワイ演じる新ファミリー、エルの本編映像

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/07/21

ワイルド・スピード/ジェットブレイク」の本編一部映像が、YouTubeで公開された。

No image

「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」より、アンナ サワイ演じるエル(中央)。

すべての画像・動画を見る(全27件)

No image

スゴ腕ドライバー・ドミニクとファミリーの活躍を描くカーアクションシリーズの第9弾にあたる本作。父になり平穏な毎日を送っていたドムの前に、実の弟が立ちはだかる。ヴィン・ディーゼルが主演し、「ワイルド・スピード EURO MISSION」以来の参加となるジャスティン・リンが監督を務めた。

このたび解禁されたのは、新たにファミリーに加わったキャラクター・エルの登場シーン。同役は、ニュージーランド生まれ東京育ちのアンナ サワイが演じている。15歳にして「ニンジャ・アサシン」で長編映画デビューを果たしたサワイは、ダンス、歌、格闘技に秀でており、本作でも自らアクションに挑戦した。

No image

映像には、世界を掌握できるデジタル装置“アリエス”を敵から奪い返すため、エルがマシンガンで大型トラックを撃つシーンが収められている。ワールドプレミアに参加した際、サワイは「マシンガンを撃つシーンはCGIや特殊効果無しで行っていて、そのような撮影をロケーションでできるということはなかなかない経験だった」と振り返っている。

No image

またシリーズ初参加となったサワイはエルについて「観客が初めて目にするときのエルは、強くあろうとしていながらも、すごく怯えている。あらゆる状況が変化しているし、みんな彼女を探っている」と分析。さらに「でもすぐに、エルはドミニクの仲間として迎え入れられ、この新しいファミリーに守られていると感じる。この気持ちはすごくよくわかる。それはまさに共演者たちがいる部屋に入った初日の私の気持ちだったから。エルがドミニクとチームに受け入られたのと同じように、私もワイスピファミリーに迎え入れられた」と、役と自身を重ねて語った。

「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」は8月6日に全国公開。

(c)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加