酒気帯び運転で自損事故 同乗者の20歳男性が死亡 車運転の男性保育士を懲戒免職【新潟市】

酒気帯び運転で自損事故 同乗者の20歳男性が死亡 車運転の男性保育士を懲戒免職【新潟市】

  • 新潟ニュースNST
  • 更新日:2022/11/25
No image

NST新潟総合テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

酒気を帯び運転で事故を起こし同乗者を死亡させたとして、新潟市は25日、男性保育士を懲戒免職処分としました。

懲戒免職処分となったのは新潟市江南区役所健康福祉課の男性保育士(20)です。

男性は先月、阿賀野市の国道で酒を飲んだ状態で車を運転し、同乗していた友人男性が死亡する事故を起こしていました、

新潟市によりますと、男性は友人2人と友人の家で酒を飲み、車を運転。到着先でさらに酒を飲み友人の家へ戻る途中で道路脇の案内板に車を衝突させたということです。

新潟市の古俣泰規総務部長は「再発防止に向けより一層指導・監督を徹底していく」とコメントしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加