横浜のドラフト候補・金井が初先発も3回途中KO「自分の責任」

横浜のドラフト候補・金井が初先発も3回途中KO「自分の責任」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

◇春季高校野球神奈川県大会準決勝 桐光学園8―1横浜(2021年5月3日 横浜)

No image

<横浜・桐光学園>引き揚げる金井(右)ら横浜ナイン(撮影・島崎忠彦)

最速148キロを誇る横浜のエース左腕・金井慎之介(3年)が、今春県大会で初先発。立ち上がりから制球に苦しみ、5四死球を与えるなど2回0/3を1安打5失点で降板した。「こうなってしまって自分の責任。気持ちのコントロールができずに、制球が荒れてしまった」と肩を落とした。

村田浩明監督は「エースが投げないと横浜に夏はない。自信を持って送り出した。もう一回、やり直していきたい」と夏を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加