ちとせよしのの中の"おじさん目線"が満載のVR動画「セクシーな一面を見せたらキャッとなってくれる彼氏がいいな」

ちとせよしのの中の"おじさん目線"が満載のVR動画「セクシーな一面を見せたらキャッとなってくれる彼氏がいいな」

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2020/08/01
No image

あどけなさを残す顔立ちと100cmのHカップバストというギャップで、昨年はデビュー1年目ながらいくつもの雑誌の表紙を飾った、ちとせよしの。そんな人気急上昇中の彼女のVR動画2作品が、VR動画配信サービス『PICMO VR(ピクモ・ブイアール)』で見放題配信されている。

『屋上のビニールプールでビキニのちとせよしのとふざけ合う、そういう世界。』、『ちとせよしのはお風呂にひとりで入れないんだって、そんな世界。』(制作:FANTASTICA)の2作品は、同棲中の彼氏として胸のときめく生活を体験できる。

「自分の中のおじさん目線」をフルに活かしたという彼女に、作品の話を聞いた。

【写真】ちとせよしのの撮り下ろしショット&動画シーン

――2018年の10月にデビューしてからイメージDVDは7作発売していますが、VRはこの作品が初ですか?

ちとせ これが初めてでした。DVDはセリフが用意されていて告白とかもあるんですけど、「好きだよ」とか恥ずかしくて。今回は恥ずかしくない範囲で、私自身の素の感じで話してます。

No image

――好きな人がいても、あまり好意は伝えないタイプ?

ちとせ きっと、そんな「好き好き」言わないと思います。保育園の時に好きな男の子がいて、当時はベタベタしてたらしいけど、今は絶対出来ない! 女のコになってる自分が恥ずかしいんですよ。だから恋愛マンガやドラマも見られないんです。

――見た目は純朴そうですが、中身もそのままですね。そんなちとせさんですが、今回のVRの設定は同棲ですけど......。

ちとせ してみたい願望はあります。結婚前にしたいです。芸能界やめて恋愛できるってなったらもう時間ないと思うんで、付き合って1年くらいでできたらいいな。

――では、それを想像しながら撮影した?

ちとせ そこまでは(笑)。今回は付き合いたての初々しいカップルというのを想像しました。相手の彼氏も、恋愛経験浅い人をイメージして、セクシーな一面を見たらキャッとなってくれるといいなって。こなれてるのはイヤじゃないですか。

No image

――たしかに男女関係なく遊びすぎてるのはひっかかりますね。

ちとせ そうですよね。だから撮影中も自分の中のおじさん目線で、自分が彼氏だったらこうされたらうれしいなって考えてました。

――おじさん目線?

ちとせ 自分もかわいい女のコを見るのが好きなので、そのコに何してほしいかって(笑)。帰るとひとりで寂しいから、妹みたいな可愛いコがいたらいいなって、最近思ってるんですよ。上京して1年半くらいなんですけど、自粛期間で余計に孤独だなって思いました。帰って「ただいま」って言える人が家にいたら良かったなって。やっぱ同棲したいな(笑)。

No image

――なるほど、オトコ目線でいちゃついているわけですね。実際、どんなことをしてるんですか? 見どころを教えてください。

ちとせ 『屋上のビニールプール~』はずっといちゃついているんですけど、水鉄砲をかけ合ったり、ホントにかけられているみたいで、思わず拭いそうになると思います。

『お風呂』のほうは2段階ドッキリを考えたので、そこは必見です! 体を洗う時はカメラの前にでどーんと胸があるので迫力があるかなと。ちょっと恥ずかしいセリフも言ってますし。

――2段階ドッキリは気になりますね。もしまたVR撮影するとしたら、どんなことをしたいですか?

ちとせ ファンの方に「ひたすら食べるだけのDVDが観たい」ってよく言われるので、一緒にご飯食べてる気分になれるVRですね。たまにアーンってしてあげたり、「お仕事、お疲れ様」とか言ったり。癒しを感じてもらえたらいいな。

No image

――アーンは恥ずかしくないんですね(笑)。

ちとせ たぶん。自分で尽くすタイプだとは思ってます。でも甘えちゃうのかな、どっちだろ。

――ちなみにメニューは?

ちとせ ラーメン二郎とかイカついやつです。

――え!?

ちとせ 私、けっこう食べるんですよ。いつも意外と言われますけど。バーベルスクワット60キロ上げるとかも、けっこうびっくりされます。

――え!?!?

ちとせ グラビア始める前は、高校卒業して地元の佐賀の鉄工所で働いてたから力あるんですよ。現場に出て重いもの運んだりしてたんで、握力も32キロありましたし。いまもバーベルスクワットで100キロを目指してます。

No image

――経理とかの事務ではなく?

ちとせ いや全然現場です。CADというソフトで鉄工の3Dも作ってたし、ハイエースも運転してましたよ。周りはおじちゃんたちばかりだったんですけど、娘みたいにかわいがってもらいました(笑)。

――本当に意外ですね。最後に『PICMO VR』には他にもグラドルの作品があるんですけど、気になるコとかいましたか?

ちとせ RaMuさんですね。以前お会いしたことがあるんですけど、プロポーションに圧倒されました。もともとグラビアやろうと思ってやったのではないので、体が細くて胸が大きい人はすごいなって思います。私はぽっちゃりしてるので......鍛えてもっと素敵な体を目指します!

■PICMO VR【https://www.picmo.jp/】
・屋上のビニールプールでビキニのちとせよしのとふざけ合う、そういう世界。【https://www.picmo.jp/video/show/1982】
・ちとせよしのはお風呂にひとりで入れないんだって、そんな世界。【https://www.picmo.jp/video/show/1988】

取材・文/鯨井隆正 撮影/武田敏将

取材・文/鯨井隆正 撮影/武田敏将

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加