北京市の貿易額、1~10月は19.3%増

北京市の貿易額、1~10月は19.3%増

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/11/25
No image

北京市の貿易額、1~10月は19・3%増

北京大興国際空港総合保税区の3号ゲート。(2021年12月20日撮影、北京=新華社記者/陳鐘昊)

【新華社北京11月25日】中国の北京税関が25日発表した今年1~10月の北京市(中央政府直轄の国有企業含む)の貿易額は、前年同期比19.3%増の2兆9600億元(1元=約19円)で、伸び率は全国を9.8ポイント上回った。輸入は26.6%増の2兆5千億元、輸出は9.1%減の4646億元だった。

一般貿易額は20.4%増の2兆5900億元で、貿易額全体の87.4%を占めた。加工貿易は28.3%増の1208億3千万元だった。

企業形態別では、国有企業が31.3%増の2兆1900億元、民間企業が9.0%増の2552億5千万元となった。

「一帯一路」沿線諸国との貿易額は29.5%増の1兆3千億元。主要相手国であるサウジアラビアは43.5%増の1845億5千万元、ロシアは52.7%増の1642億3千万元に上った。

輸入品目別では、エネルギー製品が49.5%増の1兆3500億元、機械電気製品が2.0%増の4329億3千万元、農産物が2.7%増の1600億2千万元。輸出は機械電気製品が2.1%増の2240億元、石油製品が15.5%増の1347億6千万元、鋼材が35.6%増の161億5千万元だった。

10月の貿易額は前年同月比25.2%増の3076億6千万元となり、4カ月連続で3千億元を上回った。伸び率は3カ月連続で20%以上を維持した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加